関通、マレーシア日本国際工科院との産学連携における取り組みとして、同大学構内にて研究機関を開設。

3月27日(金)13時45分 PR TIMES

産学連携による、物流のさらなる技術革新を目指し

[動画: https://www.youtube.com/watch?v=BotRhpEzmSs ]

株式会社関通(本社:大阪府東大阪市、代表取締役社長:達城久裕、以下関通)は、マレーシア工科大学(英文名称:Universiti Teknologi Malaysia、略称:UTM)グループ内の学術機関である、「マレーシア日本国際工科院」(英文名称:Malaysia-Japan International Institute of Technology、略称:「MJIIT」)との産学連携における取り組みとして、同大学構内にて、物流におけるシステム、ソフトウェアの研究および開発のための研究機関「UTロボティクス研究所(英文名称:UTM Robotics Laboratory、略称「URL」)」を開設いたしました。
[画像1: https://prtimes.jp/i/26898/20/resize/d26898-20-670500-0.jpg ]

この「URL」は、関通がMJIITとの産学連携により、
今後関通が導入を検討しているロボティクスに関係する開発、
及びそれに伴うWMS(倉庫管理システム)の連携機能、
また、WMSの機能追加や周辺システムの開発、
カメラを使った新しいソフトウエアの研究・開発を主な活動内容としております。

この開設により、新しい技術導入の促進及び関連人材の定期的な雇用を図っていき
関通全体の社内開発力の強化を行っていきます。
[画像2: https://prtimes.jp/i/26898/20/resize/d26898-20-318092-1.jpg ]

■研究機関 概要
名称:UTMロボティクス研究所(英文名称:UTM Robotics Laboratory、略称「URL」)
所在地:Jalan Sultan Yahya Petra (Jalan Semarak),54100 Kuala Lumpur, MALAYSIA.

■株式会社関通 会社概要
代表者 代表取締役社長 達城 久裕
本社所在地 大阪府東大阪市長田1-8-13
設立 1986年4月
資本金 245,990,000円
従業員数 736名(2020年2月現在)
サービス内容
・委託型配送センター代行
・自社物流センター運営移管
・ECサイト受注管理業務代行
・冷凍冷蔵配送センター
・自社物流改善プログラム
・倉庫管理システム『クラウドトーマス』開発・販売
・チェックリストシステム『アニー』開発・販売
・ミャンマー・ヤンゴンBPOセンター
・PODサービス
・『学べる倉庫見学会』セミナー運営・開催
・外国人教育支援『Oceans』
URL https://www.kantsu.com/

PR TIMES

「マレーシア」をもっと詳しく

「マレーシア」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ