3/30放送スタート、NHK連続テレビ小説 『エール』 オリジナル・サウンドトラック発売決定!

3月27日(金)13時45分 PR TIMES

3月30日(月)からNHK総合でスタートする、連続テレビ小説 『エール』 のオリジナル・サウンドトラックが5月27日(水)に日本コロムビアより発売される事が決定した。

[画像1: https://prtimes.jp/i/19470/847/resize/d19470-847-253066-0.jpg ]


連続テレビ小説 『エール』 は、 「栄冠は君に輝く(全国高等学校野球選手権大会の歌)」「六甲おろし(阪神タイガースの歌)」「闘魂こめて(巨人軍の歌)」などスポーツシーンを彩る応援歌、戦後人々を夢中にさせたラジオドラマ「君の名は」「鐘の鳴る丘」、「長崎の鐘」「イヨマンテの夜」など、数々のヒット歌謡曲で昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而(こせきゆうじ)と、妻で歌手としても活躍した金子(きんこ)をモデルに、音楽とともに生きた夫婦の物語を描いており、その音楽は、多くのCMソングやサウンドトラックを手掛ける瀬川英史が手掛けている。


■番組情報

2020年3月30日(月)スタート
<NHK総合>午前8時〜 ほか
連続ドラマ小説 『エール』
https://www.nhk.or.jp/yell/
出演者:窪田正孝(古山裕一役)、二階堂ふみ(関内 音役) ほか


■リリース情報
2020/05/27発売
連続テレビ小説 「エール」 オリジナル・サウンドトラック
COCP-41137 ¥3,000+税
[画像2: https://prtimes.jp/i/19470/847/resize/d19470-847-294414-1.jpg ]


音楽:瀬川英史
岩手県盛岡市生まれ。1986年CM音楽の作曲家として活動開始、現在までに2500本以上のCM音楽を手掛ける。
アメリカ、フランス、イギリス、インド、ブルガリア等海外録音の経験も多数。
サウンド&レコーディングマガジン誌に「CM音楽の作り方」(現在終了)という連載や、「コンポーザーが教える作曲テクニック99」等の執筆活動にも積極的に取り組む。
近年は劇伴作曲家としての活動の場を広げている。2012年、サウンドトラックを担当したフランス短編映画「Le Dernier Jour de l’Hiver」がフランス国立映画祭イエール・レ・パルミエで最高音楽賞受賞。
NHKでは、NHKスペシャル「神の数式」「激闘ガダルカナル 悲劇の指揮官」「アインシュタイン 消えた“天才脳”を追え」


【Official site】
【コロムビア・古関裕而特設ページ】
https://columbia.jp/koseki/

【連続ドラマ小説『エール』オリジナル・サウンドトラック 商品ページ】
https://columbia.jp/prod-info/COCP-41137/

PR TIMES

「連続テレビ小説」をもっと詳しく

「連続テレビ小説」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ