<TOKYO FM報道特別番組>『ラジオがなくなる日』2020年4月2日 (木)25:00-26:00  TOKYO FMにてオンエア

3月27日(金)16時25分 PR TIMES

音だけのメディア、声のコミュニケーションの未来はどうなるのか

TOKYO FMでは4月2日(木)25:00-26:00に、TOKYO FM報道特別番組『ラジオがなくなる日』を放送いたします。番組では、音声メディア、ラジオをとりまく近未来の日常のひとこまを3つのドラマで描きながら、音・声の伝える役割とコミュニケーションの未来の在り方について識者に伺っていきます。語り手は、TOKYO FM夕方のワイド番組『Skyrocket Company』(月〜木17:00-19:48)の本部長・マンボウやしろがつとめます。AIの技術革新はめまぐるしく日々進化し、人間だけが持つと言われてきた能力も凌駕していく日が来るといわれています。AIが今後も社会構造を大きく変化させていくと予想される中、ラジオや音のコミュニケーションはどうなっていくのでしょうか。放送をどうぞお楽しみに。

[画像: https://prtimes.jp/i/4829/1965/resize/d4829-1965-636554-0.jpg ]

番組では、メディアや音声技術の識者に話を伺いながら、ラジオをテーマとしたラジオドラマをお届けしていきます。AIの音声合成エンジンを作って、色々な企業に提供している、株式会社エーアイの社長、吉田大介氏には、ラジオの大きな柱である、『声』について、現在、AIはどこまで肉声を再現できるのかを伺いました。東京大学大学院学際情報学科でメディア論を研究している水越伸教授には、音メディアとコミュニケーション、有事・災害の際のラジオの必要性について伺いました。日経BP上席研究員でトレンドの研究の第一人者 品田英雄氏には、世相と音メディアの未来と可能性、ラジオの強み・ラジオにないものについて伺いました。ラジオドラマパートでは、近未来を舞台としたラジオがテーマのショートストーリーをお届けします。どうぞご期待ください。


番組概要

◇タイトル: TOKYO FM報道特別番組『ラジオがなくなる日』
◇放送日時: 2020年4月2日(木) 25:00〜26:00
◇放送局 : TOKYO FM
◇出演者 :マンボウやしろ
■取材先:
音メディアとコミュニケーション 水越 伸(東京大学大学院学際情報学科 教授)
AI音声の感情表現 吉田大介(株式会社エーアイ 代表取締役)
世相とラジオの未来考 品田英雄(日経BP上席研究員)
■ラジオドラマ:中里望、伊藤圭太、慶長佑香、野瀬育二、
湯野大輔、手島千尋(TOKYO FMアナウンサー)
◇概要 音声メディア、ラジオをとりまく近未来の日常のひとこまを3つのドラマで描きながら音・声の伝える役割とコミュニケーションの未来の在り方について識者に聞く。

PR TIMES

「TOKYO FM」をもっと詳しく

「TOKYO FM」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ