USB Type-Cケーブル1本で接続、映り込みの少ないノングレア液晶でビジネスユースに適した法人向けモデル、15.6型フルHDモバイル液晶ディスプレイ「ZenScreen MB16ACE」を発表

3月27日(金)10時55分 PR TIMES

ASUS JAPAN株式会社は、USB Type-Cケーブル1本で接続、映り込みの少ないノングレア液晶でビジネスユースに適した法人向けモデル、15.6型フルHDモバイル液晶ディスプレイ「ZenScreen MB16ACE」を発表しました。 4月10日(金)より販売を開始する予定です。

■ ZenScreen MB16ACE

[画像1: https://prtimes.jp/i/17808/389/resize/d17808-389-757529-0.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/17808/389/resize/d17808-389-803682-2.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/17808/389/resize/d17808-389-635445-1.jpg ]

--------------------------------------------
製品名 : ZenScreen MB16ACE
パネルサイズ : 15.6型ワイド
パネル種類 : IPS
最大解像度 : 1,920×1,080ドット(フルHD)
応答速度(G to G):5ms
映像入力端子:USB Type-C×1
サイズ:幅359.7mm×奥行き8mm×高さ226.4mm
質量:約710g
国内保証期間 : 購入日から3年間
価格:オープン価格
予定発売日 : 2020年4月10日(金)
製品ページ : https://www.asus.com/jp/Monitors/ZenScreen-MB16ACE/
--------------------------------------------


○発表製品の主な特長

・持ち運び可能なノングレア液晶
「ZenScreen MB16ACE」はノングレア液晶であるため、映り込みが少なく、長時間の文章閲覧やコンテンツ作成など、ビジネスユースに適しています。本体は薄さ8mm、重さ710gであるため持ち運びもでき、外出先やテレワークの際にノートパソコンと接続することでデュアルディスプレイ環境をつくり、効率的に作業を進めることができます。

・USB Type-Cケーブル1本で接続
ホストデバイスの映像信号と電力供給をUSBケーブル1本で入力できます。挿す方向を問わないUSB Type-C接続であるため、多くのデバイスに素早く簡単に接続することが可能です。またホストデバイスにDisplayLinkドライバをインストールすることで、USB Type-Aコネクタとの接続にも対応します。

・広視野角のIPSパネル
液晶パネルには、美しい発色と広い視野角が特長のIPSパネルを使用しています。視野角は水平・垂直ともに178°を実現しており、画面を正面以外の方向から見ても見え方に変化がなく、どこから見ても美しい画面表示が可能です。外出先で人に画面を見せたいときなど、画面の角度を気にせず見てもらうことができます。

・画面表示の自動回転機能
Windowsに対応する専用のディスプレイウィジェットソフトウェアを使えば、画面表示の自動回転機能を使用できます。本体を縦向きにしたときには縦表示に、横向きにしたときには横表示に、表示内容を自動で回転させることが可能です。縦長の表示に適した表示内容のときには縦表示で使用し、横長の表示のほうが都合が良いときには横表示で使用するという使い分けを、本体の向きを変えるだけで行えます。

・ASUS Eye Care技術
目の疲れや肩こりの原因になると言われているブルーライトを大幅に抑える「ブルーライト軽減機能」を搭載しており、また目に負担をかけて疲労の原因になると言われてる、LEDバックライトによるフリッカー(チラつき)を抑える「フリッカーフリー技術」を採用しています。

・折りたたみ式ケースが付属
付属の専用ケースは、本体装着時にはホコリや傷から保護し、折りたたむことで、縦置き、横置き用のスタンドとなるため、作業内容や場所に合わせて、スマートに使用することができます。

PR TIMES

「液晶」をもっと詳しく

「液晶」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ