医療福祉工学部の学生が、平成28年度の理学療法士国家試験で100%、臨床工学技士国家試験で95%の合格率を達成 -- 大阪電気通信大学

3月30日(木)8時5分 Digital PR Platform

大阪電気通信大学では、3月29日に合格発表が行われた平成28年度理学療法士国家試験において、理学療法学科の学生が合格率100%を達成した(全国平均90.3%)。また、平成28年度臨床工学技士国家試験の合格発表も28日に行なわれ、医療福祉工学科の学生が95%の合格率を達成し、全国平均81.9%を上回った。


 2月26日、27日に実施された平成28年度理学療法士国家試験では、医療福祉工学部理学療法学科の学生33人が受験し、見事全員が合格。合格率100%を達成した(全国平均90.3%)。

 また、3月5日に実施された平成28年度臨床工学技士国家試験では、医療福祉工学部医療福祉工学科の学生39人が受験し、37人が合格。95%の合格率でこちらも全国平均81.9%を上回る結果となった。

 2006年に開設した理学療法学科は、1年次から理学療法士国家試験を意識した学修を実施し、定期試験の問題に国家試験レベルの内容を盛り込む等して、段階的なステップアップを図る。また臨床実習前には学外から理学療法士を招いてOSCE(臨床実習に参加する能力があるかどうかを見極める実技試験)を行うなど、実習に向けて確かな能力・自信を育むことで、毎年高い合格率を維持している。

 一方、2001年に開設した医療福祉工学科は、入学後、まず医療分野で必要な生物・物理・数学を習熟度別クラスでじっくり学修し、その後医療機器に関する知識・技術を測るME技術実力検定への挑戦等、専門的な学びへと進む。加えて臨床工学技士国家試験直前には、分野別の対策講座や、独自に開発した資格学習用のe-learning教材で強力にバックアップ。これらの強力なカリキュラムやサポートにより、学科開設以来、13年連続で全国平均を上回る合格率を叩き出している。

 健康に対する意識がますます高まり続ける日本において、医療・福祉分野における社会のニーズは高く、両学科ともに高い就職率を誇っている。

▼医療福祉工学部 理学療法学科のページ
http://www.osakac.ac.jp/faculty/biomedical/pt/

▼医療福祉工学部 医療福祉工学科のページ
http://www.osakac.ac.jp/faculty/biomedical/be/

▼本件に関する問い合わせ先
 学校法人 大阪電気通信大学 広報部広報課
 大阪府寝屋川市初町18番8号
 TEL:072-824-3325
 E-mail: kouhou@mc2.osakac.ac.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター http://www.u-presscenter.jp/

Digital PR Platform

この記事が気に入ったらいいね!しよう

平成をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ