ドンキ×メリタ共同開発のコーヒーメーカー ムラが少なくおいしく仕上がる

4月4日(木)17時30分 J-CASTニュース

創業110年の老舗・メリタによるこだわりのコーヒーが楽しめる

写真を拡大

総合ディスカウントストアのドン・キホーテ(東京都目黒区)は、プライベートブランド「情熱価格プラス」から、メリタジャパンと共同開発したというコーヒーメーカー「絶品珈琲」を、2019年4月5日から全国の「ドン・キホーテ」店舗で順次発売する。

バイメタル抽出&1つ穴フィルター



メリタ独自の「バイメタル抽出」を搭載。コーヒー豆本来の味や香りを引き出すための適温とされる90度前後の湯だけを使ってコーヒーを抽出。水路はあらかじめ温められており、適温でない湯は水槽に戻す仕組みを備える。淹れ始めから終わりまで常に90度前後の湯を使用でき、ムラが少なくおいしいコーヒーが入れられるという。



また、メリタが長い歴史の中でたどり着いたという「1つ穴コーヒーフィルター」を採用。内側に刻まれた溝と1つ穴の抽出口が、湯の流れと抽出時間をコントロールし、おいしさを引き出す。



抽出方法はペーパードリップ式。最大水容量は700ミリリットル(5杯用)。オリジナルマグカップ×2個、フィルターペーパー1×2サイズ(40枚入り)、メジャースプーンが付属する。



カラーはブラック×ゴールド。



価格は3980円(税別)。

J-CASTニュース

「コーヒー」をもっと詳しく

「コーヒー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ