家庭用ゲームの国内市場規模、4年連続減少

4月5日(木)11時46分 J-CASTニュース

   ゲーム雑誌「ファミ通」などを出版するエンターブレインは2012年3月29日、2011年度の家庭用ゲームの国内市場規模(ゲーム機とソフトの合計)が前年同期比6.4%減の4425億2000万円だったと発表した。4年連続の減少となる。



   ゲーム機別の販売台数は、任天堂の携帯ゲーム機「ニンテンドー3DS」が464万台で首位。人気ソフトの投入などで販売台数が持ち直した格好だが、2011年8月に1万円の値下げに踏み切ったことから、金額ベースでのゲーム機市場拡大にはつながらなかった。


   12月に発売したソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)の新型携帯ゲーム機「プレイステーションVITA(PSヴィータ)」は61万台にとどまり、SCEの携帯ゲーム機「プレイステーション・ポータブル(PSP)」も168万台だった。


   任天堂とSCEの新型携帯ゲーム機が出そろったにもかかわらず、ゲーム機の市場規模は前年同期比0.3%減の1702億4000万円と振るわなかった。


   ソフトでは、160万本売れた任天堂の「マリオカート7」が首位だった。<モノウォッチ>

J-CASTニュース

「エンターブレイン」をもっと詳しく

「エンターブレイン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ