埼京線の混雑緩和へ JR東日本、新型車両E233系投入

4月11日(水)19時5分 J-CASTニュース

   東日本旅客鉄道(東京・渋谷区)は、2012年4月10日、埼京線・横浜線用にE233 系通勤形車両を新造することを、同社ホームページ上で発表した。



   埼京線用(10 両編成)を31 編成(310 両)、横浜線用(8両編成)を28 編成(224 両)を新造する。埼京線は2013 年度から、横浜線は2014 年度から順次運転開始の予定。


   E233系は2006 年度の中央快速線を皮切りに、京浜東北線、常磐線各駅停車、京葉線、
東海道線に投入している首都圏の通勤・近郊形車両で、定員が従来の205 系と比較して約1 割増加するため、混雑の緩和が見込まれるという。


   また、JR東日本としてははじめて車内照明をオールLED化するため、従来の蛍光灯の約6割の消費電力に抑えられ、トータルでは205系の約7割の消費電力量で走行できる。<モノウォッチ>

J-CASTニュース

「JR」をもっと詳しく

「JR」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ