「本気を出していない、段階である」 通販会社の異色IRが話題

4月14日(土)13時0分 J-CASTニュース

ロコンドのCMではデヴィ夫人が出演(画像はロコンドの公式ホームページより)

写真を拡大

企業が、株主などに対する情報提供として配信しているIR。こと、売り上げなど経営に関わるものであれば、「堅い」文章を想像する人も少なくないだろう。

ただ、靴などを販売するネット通販サイト「Locondo.jp」を運営するロコンド(東京都渋谷区)のとあるIRニュースでは、そんなイメージを覆す文言があるのだ——。



「本気を出していない」ながら、3月期の受注額が過去最高を記録



ロコンドは、2018年3月のeコマース事業が堅調であると4月2日に発表。3月の受注高が過去最高の10億8800万円を見込んでいるとした。


その要因について、3月10日からスタートしているテレビCMの放映を挙げた。


このCMは、デヴィ夫人がいきなりアップで映り、「靴を買うならロコンド♪(ロコンド♪)」という歌詞の曲が流れ続ける、というものだ。


ロコンドは、CMにより認知度が向上し、売り上げに結び付くまでには依然時間がかかるとしながら、放映地域では非放映地域と比べ、11%売り上げが上がっていると説明。


しかし、「3月に投下したテレビCM費用は現在のテレビCM年間予算の『1割未満』」と、広告への投資には伸びしろがあるとした。そのうえで、今回の広告投資について、


「俗的な表現で言えば、本気を出していない、段階である、と認識しております」

と結論付けた。


ロコンドの社長を務める田中祐輔さんも4月2日、自身のツイッターで、受注額の堅調についてツイートする中で、


「でもまだまだ本気、出していません。もっとアクセル、踏んで行きます」

と、「本気を出していない」ことを明かし、今後に期待を抱かせた。



注目の当期純利益は......



ネット上では「本気を出していない」という言葉に反応した人が多くおり、


「ロコンドwww本気をwww出していないwww」

「本気出してないけど受注高最高を更新しちゃいました宣言」

「ロコンドの‟俗的な表現で言えば、本気を出していない、段階である、と"って表現を見て声出して笑ってしまったw」

「ロコンド、IR 本気を出してない段階て笑、、、」

「ロコンドの本気よりワイが本気でやられた・・・」

といった声が上がった。ほか、「ロコンドも常に本気でお願いします〜」とエールを送る人もみられた。


なお、ロコンドは4月13日に17年度の決算を発表しており、18年2月期の当期純利益が対前期で58.9%減の1億7500万円となっている。

J-CASTニュース

「通販」をもっと詳しく

「通販」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ