2025年日本国際博覧会(大阪・関西万博) 飯田グループ×大阪公立大学共同出展館 <西陣織>のパビリオン外装工事着手

2024年4月15日(月)13時46分 PR TIMES

 飯田グループホールディングス株式会社(本社︓東京都武蔵野市、代表取締役社長︓兼井雅史)は、大阪公立大学(大阪市阿倍野区、理事長︓福島伸一)と共同出展する2025 年日本国際博覧会(大阪・関西万博)のパビリオンにおいて、ご注目いただいている西陣織の膜工事に着手しますのでお知らせいたします。
 当パビリオンは、未来と伝統の融合、そして持続、循環、継承、進化を象徴する「サステナブル・メビウス」をテーマにした外観デザインであり、かつてない規模の西陣織建築としてご注目いただいております。 メビウスの輪を応用した三次元の構造物に、最新技術を駆使した西陣織を全面に纏わせた特徴的な建築物で、西陣織外壁の表面積は約3,500平方メートル になります。
 当社は、2025年4月の万博開幕に向けて着々と工事を進めておりますが、いよいよ、2024年4月12日から、西陣織の膜を外装に張る工事に着手いたしました。
 今後も、工事の進捗状況やパビリオンの見どころなどについて、随時お知らせしてまいります。
ぜひ、ご期待ください。
[画像1: https://prcdn.freetls.fastly.net/release_image/82003/6/82003-6-2c9684f613c6800638a71a2d311fe33a-3900x2925.jpg?width=536&quality=85%2C75&format=jpeg&auto=webp&fit=bounds&bg-color=fff ]工事の様子

■施設概要
敷地面積  : 約3,500 平方メートル
階数    : 地下1階、地上2階
最高高さ  : (4面)約12.3m、(6面)約12.7m
構造    : 骨組膜構造一部鉄骨造
建設施工  : 清水建設株式会社
西陣織制作 : 株式会社細尾

■パビリオン外観イメージ
[画像2: https://prcdn.freetls.fastly.net/release_image/82003/6/82003-6-e94f5791122735bd95b587eb447af9fa-605x405.png?width=536&quality=85%2C75&format=jpeg&auto=webp&fit=bounds&bg-color=fff ]
■特設サイト
https://www.ighd.co.jp/lp/expo2025.html

PR TIMES

「パビリオン」をもっと詳しく

「パビリオン」のニュース

「パビリオン」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ