ヘンケルジャパン、カーエレクトロニクス・EV/HV部品向け 接着・熱対策ソリューションを一挙公開 〜人とくるまのテクノロジー展2018に出展〜

4月17日(火)11時0分 ドリームニュース

ドイツの化学・消費財メーカー ヘンケルの日本法人ヘンケルジャパン株式会社(本社:東京都品川区 社長:金井 博之)のトランスポート&メタル事業本部ならびにエレクトロニクス事業部は、「人とくるまのテクノロジー展2018」(会期:2018年5月23日〜25日 会場:パシフィコ横浜)に出展します。

自動車部品のメカトロニクス化・モジュール化、そして圧倒的なダウンサイジングが進む昨今、接着剤・シーリング材への要求性能はより厳しいものになりつつあります。ヘンケルジャパンブースでは、最新の要求をクリアし、車載電子部品に採用されている製品を中心にご紹介するとともに、新たなソリューションをご提案いたします。

<ヘンケルジャパン 主な展示製品>

■PCU ECUケース/インバーター/コンバーター向け
ポッティング剤
ギャップ充填剤
ポリアクリル系ガスケット
 製品例:
 LOCTITE 5810B
 室温硬化型ポリアクリル系液状ガスケット。オイル耐性・シール性が高い。
 シロキサンフリーであるため接点障害の懸念がない。
 基板周りのケースシーリングに最適。
 LOCTITE AA 5883
 UV硬化ポリアクリル系液状ガスケット。
 精密自動塗布により様々な形状・厚みのガスケットを形成可能。
 Oリング代替で自動化・生産効率アップ。
 シロキサンフリーで基板近くのシーリング材としても最適。

■バッテリー/モーター向け
ポリアクリル系ガスケット
モーターマグネットボンディング
電磁波シールド
ポッティング剤

■コネクター/ワイヤーハーネス向け
低圧射出成形工法ホットメルトモールディング
電子部品用含浸剤
電磁波シールド

■車体・構造向け
プラスチック用異種材構造用接着剤
鉄・アルミ用構造用接着剤

■基板向け
2液型熱伝導性ギャップ充填材料
 製品例:
 Gap Filler(ギャップフィラー)
 豊富な車載実績を誇る。ディスペンサーで塗布し、自動化が可能。組立時に部品や基板に負荷がかからず応力なし。
 常温放置または加熱により硬化。形状や厚みに対する自由度が高く、設計が容易。

<展示会概要>
名称:人とくるまのテクノロジー展2018横浜
会期:2018年5月23日(水)〜25日(金) 10:00〜18:00 ※最終日のみ17:00終了
会場:パシフィコ横浜 展示ホール
主催:公益社団法人自動車技術会
概要:世界に向けて最新技術・製品を発信する自動車技術者のための国内最大の技術展です。

【ヘンケルジャパンブース番号】 : 137(ホールB)
https://expo.jsae.or.jp/wp-content/uploads/2018/04/和_Y00_plan_2018_0314.pdf

ヘンケルについて
ヘンケルはバランスのよい、多角的なポートフォリオを備え、産業および一般消費者向け事業をグローバルに展開しています。優れたブランドとイノベーション、テクノロジーを誇るヘンケルは、アドヒーシブテクノロジーズ(接着技術)、ビューティーケア、ランドリー&ホームケアの3分野において、グローバルリーダーとしての地位を維持しています。1876年に創立し、140年以上に及ぶ成功の歴史があるヘンケルは、ドイツのデュッセルドルフに本社を置き、世界に約53,000名の社員を擁しています。サステナビリティの分野をリードする存在として評価されるヘンケルは、多くの国際的指標やランキングでトップの地位を維持しています。2017年の売上高は200億ユーロ、営業利益はおよそ35億ユーロに上ります。ヘンケルの優先株はドイツ株式指数DAXのリストに入っております。 さらなる情報はこちらwww.henkel.comをご覧ください。

ドリームニュース

「2018」をもっと詳しく

「2018」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ