電通、月に1回全社一斉休暇 6月から「インプットホリデー」導入

4月17日(火)7時0分 ねとらぼ

 電通は2018年6月から、毎月1回、全社一斉に休暇を取得する「インプットホリデー」を導入すると発表しました。
 社員が休みやすい環境づくりの一環として行う施策で、毎月第2週または第3週の水曜日か金曜日を、「コンディションを整えたり、自己啓発に打ち込むなどして、より良いアウトプットのために自分にインプットする日」として法定外休暇に。現時点では6月8日、7月11日、8月8日、9月21日、10月10日、11月9日、12月12日を予定しています。
 「休むことが社員個人にとっても、その家族にとっても、顧客や当社にとってもプラスになる環境の醸成を目指します」(同社)
 また、4月からは出社してPCにログインすると自動的に質問(1問)が表示され、直観的に回答するとその日のコンディションが客観的に分かる「バイタリティノート」も一部で試験導入しており、7月からは全社導入の予定。

ねとらぼ

「休暇」をもっと詳しく

「休暇」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ