トライバルメディアハウス、イベントの熱狂度を最大化させるファンイベント支援ツール『Co-meeet』を開発・リリース

4月17日(火)14時1分 PR TIMES

イベント前後のコミュニケーションから当日の運営フォローまで、ファンイベントを幅広くサポート

「人類にオドロキと感動を! 人生にもっと熱狂を!!」をミッションに掲げるトライバルメディアハウス(本社:東京都中央区、代表取締役社長:池田紀行、以下「トライバル」)は、このたびファンイベント参加者の熱量を最大化するための支援
ツール『Co-meeet(コミート)』を開発・リリースいたしました。

[画像1: https://prtimes.jp/i/4355/89/resize/d4355-89-662989-0.jpg ]


【ツール開発の背景】
これまでトライバルでは、顧客接点の一つとしてブランドの熱狂的なファンとブランド担当者によるオフラインイベントの企画・運営を数多く支援してまいりました。それらの取り組みのなかで得た「ファンイベントは当日だけでなくその前後にもファンの熱量が高まる期間がある」という気づきから、事前の期待を高めるためのコミュニケーションと事後のフォローのコミュニケーション、そして当日の運営まで幅広くカバーしたファンイベント支援ツール『Co-meeet(コミート)』の開発・提供に至りました。


【サービスの特長】
イベント当日、前後などのシチュエーションに合わせて最適なコミュニケーションを実現します。
[画像2: https://prtimes.jp/i/4355/89/resize/d4355-89-833047-1.jpg ]



[画像3: https://prtimes.jp/i/4355/89/resize/d4355-89-207121-2.jpg ]



(1)事前コミュニケーション
イベント案内、リマインドメールで終わりがちな参加者への事前フォローも、イベントの熱量を上げるためのコミュニケーションに変えることができます。

■ブログ:ブランド担当者がブランドへの想いやこだわり、パーソナリティを伝え、参加者からフィードバックを得る。
■ディスカッション:ブランド担当者とイベント参加者どうしの相互理解を深める。


(2)イベント当日フォロー
オンライン上での事前コミュニケーションによって参加者との関係構築ができているため、イベント当日はスムーズに深いコミュニケーションをとることができます。

■データ共有:イベント時に撮影した画像をCo-meeet上にアップロードし、参加者どうしで共有。
■メッセージ:当日の連絡や、質問などの受け付け。


(3)事後コミュニケーション
テキストメールではなく、イベントの熱量が感じられる画像などのコンテンツと一緒に参加者へお礼を伝えることができます。事前フォローから事後アンケートまで、最長3カ月間フォローします。

■アンケート:イベント当日はもちろん普段の生活に戻っても気づきをフィードバックしてもらえるよう、時間差でアンケートを配信。


【サービス名称の由来】

[画像4: https://prtimes.jp/i/4355/89/resize/d4355-89-721541-3.jpg ]

《Co》 主催者・参加者を指す“共に”
《meeet》 「meet(会う)」と、顧客・担当者・ブランド(企業)3つの 「e(element:要素)」が“出会う場所が大切”という思いを込めています


【価格】
50万円〜(税別)/回 (利用期間:最長3カ月間/参加者登録:300名まで)


【サービスサイト】
http://co-meeet.tribalmedia.co.jp/


-------------------------------------
会社概要
社名:株式会社トライバルメディアハウス
本社所在地:東京都中央区銀座2-15-2 東急銀座二丁目ビル
代表取締役社長:池田紀行
事業内容:デジタルマーケティング事業
http://www.tribalmedia.co.jp/
-------------------------------------

PR TIMES

「コミュニケーション」をもっと詳しく

「コミュニケーション」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ