国内最大級!キューサイ分析研究所が800項目の残留農薬の一斉分析を可能に

4月17日(火)12時1分 PR TIMES

〜食の安全と安心をお届けするキューサイ分析研究所の取り組み〜

キューサイ株式会社(本社:福岡市中央区、代表取締役社長:神戸 聡、以下キューサイ)のグループ会社である株式会社キューサイ分析研究所(福岡県宗像市、代表取締役社長:吉岩 賢、以下キューサイ分析研究所)は、4月19日より800項目の残留農薬一斉分析を開始いたします。

今回、厚生労働省の登録検査機関であるキューサイ分析研究所では、790項目の残留農薬一斉分析に新たに一斉分析が可能となった10項目を追加いたします。追加項目は取引先企業様から食への安全の観点での強い要望やニーズを汲んだ項目や、新たに農薬として登録または基準値が再設定された項目です。
キューサイ分析研究所では800項目の残留農薬の一斉分析が可能になったことにより、より多くの取引先企業様のご要望に迅速かつ柔軟にお応えし、皆さまに食の安全と安心をお届けしてまいります。


◆残留農薬一斉分析 800項目に至るまで
食品会社出資の民間機関で日本初!厚生労働省の登録検査機関に
キューサイ分析研究所は、キューサイの青汁の原料であるケールの「農薬不使用」を徹底するため、キューサイの中央研究所として発足。『世の中の食の安全・安心を守る』ことを理念として2003年に法人設立、様々な企業様から食品分析の受託を開始しました。また、有毒物質の混入が問題視された輸入食品の安全・安心に貢献するため、2004年には国に代わって輸入食品等の検査を行うことのできる厚生労働省の登録検査機関として登録されました。食品会社出資の民間機関では「日本初」の登録でした。


「キューサイのケール青汁が一斉分析の原点」
一斉分析を開始したきっかけは、キューサイの青汁の原料ケール。露地栽培の中、農薬不使用にこだわっているため、収穫前のケールは近隣農家からの飛散農薬の影響の確認を必ず実施していました。近隣農家で使用されている農薬の把握は難しく、分析するべき農薬の特定が困難のため、一度に何種類もの農薬を効率よく分析できるようにと考え、取り組んだのが一斉分析の原点です。


キューサイ分析研究所 独自の技術
1. 個別に対応する「前処理」
食品の残留農薬検査は、検体である食品をそのまま検査するのではなく、農薬の抽出及び測定を阻害する食品由来の成分を除去するという「前処理」が必要です。しかし、食品すべてにおいて同じ前処理方法は適用されず、キューサイ分析研究所では多くの種類の食品に対応するため、食品ごとの前処理方法を確立しています。中には、検査が困難と言われる食品(コーヒー、香辛料、ホップ等)も独自に立ち上げた技術によって検査が可能となっています。この個々に対応し、積み上げてきた前処理技術によって、残留農薬一斉分析800項目まで到達できました。
[画像1: https://prtimes.jp/i/3705/78/resize/d3705-78-475756-3.jpg ]


2. 信頼性の高い検査結果を導く「添加回収試験」
「添加回収試験」とは、検体を2つに分け、その1つの検体に、一定濃度の農薬をあえて添加し、添加した量と同量の農薬が測定できるかを確認する試験方法です。同量であれば検体から農薬が検出されていないことが証明され、信頼性の高い検査結果を担保しています。


◆「800よりさらに上を」 開発担当者コメント
今回、取引先企業様のご要望や新しく登録された農薬などを一斉分析できるよう研究を重ねてきた結果、800項目の一斉分析が可能になりました。項目数は国内最大級で、お客様からは「他の機関ではできないと断られたから」と問い合わせをいただくこともあります。しかし、世の中では新しい農薬がどんどん増え続けており、今後も農業がある限り農薬はなくなりません。それらを追いかけ、一斉分析で対応できるよう、1つずつ追加していきたいと思っています。「800」という数字は通過点であり、今後さらに多くのご要望にお応えできるよう、研究を重ねてまいります。
[画像2: https://prtimes.jp/i/3705/78/resize/d3705-78-724258-4.jpg ]



◆「強みは、技術力と柔軟な対応力」 技術担当者コメント
商社の取引先企業様に「キューサイ分析研究所が、うちの判断基準だ」とおっしゃって頂いたことがあります。つまり、当社の分析結果によって、輸入しないという判断に至ることもあるということであり、ご信頼いただける分析結果をご提供するため、高い技術力を保持し、柔軟な対応をさせていただこうと改めて思いました。
専門分野の複雑な情報をそのまま伝えるのではなく、取引先企業様が本当に必要な情報を分かりやすくお伝えし、取引先企業様の商品や状況に合わせたオリジナルパッケージも積極的にご提案してまいります。
[画像3: https://prtimes.jp/i/3705/78/resize/d3705-78-684726-5.jpg ]


◆食の安全・安心をお届けするために 今後の取り組みについて
キューサイ分析研究所では、残留農薬検査のほか、異物検査、栄養成分検査など12分野にわたる多様な検査・分析を行っており、取引先企業様のご要望や商品の成分、状態に合わせて専門的な視点から最適な検査内容をご提案しています。今後も、より多くのご要望にお応えすべく、さらなる技術向上を目指して、皆さまに食の安全・安心をお届けしてまいります。




≪キューサイ分析研究所≫
厚生労働省 登録検査機関(理化学的検査/細菌学的検査)
ISO/IEC 17025試験所認定を取得(残留農薬検査/放射性物質測定)
【実施可能な検査・分析リスト】
残留農薬検査/動物用医薬品等検査/栄養成分検査/脂肪酸・糖類検査/重金属検査/
放射性物質検査/異物検査/細菌検査/カビ毒検査/食品添加物検査/有害物質検査/味分析
◆検査に関するご相談・ご依頼はこちらへ
TEL:0940-37-8070 FAX:0940-37-3991 メールアドレス:info@nouyaku-bunseki.net

PR TIMES

「残留」をもっと詳しく

「残留」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ