ORSO、創造的課題と動画撮影が可能にする、論理的思考を育むドローンプログラミングアプリ配信開始

4月17日(火)12時1分 PR TIMES

ITサービス開発とドローン利活用推進を手掛ける株式会社ORSO(本社:東京都千代田区/代表取締役社長:坂本義親)は、誰でも簡単にドローンプログラミングが学べるアプリ、「DRONE STAR(C)プログラミング」を2018年4月17日(火)に配信し、サービスを開始いたします。また同日より、学校・教育関係者様を対象とした「新学期応援アンケートキャンペーン」を開催し、プログラミングアプリ対応機体DRONE STAR 01スターターセットが貰えるキャンペーンを2018年4月17日(火)〜26日(木)迄、実施致します。

[画像1: https://prtimes.jp/i/28871/17/resize/d28871-17-750265-0.jpg ]

〇背景と概要

2016年、「Society5.0」が内閣府より提唱され、人工知能、ロボット、IoTなどの、生産性を劇的に押し上げるイノベーションを実現する人材の育成が急務となり、また2017年には文部科学省より新学習指導要領として、小学校教育にプログラミング教育を実施する方針が示され、教育現場では論理的思考、プログラミング的思考の教育教材が求められています。当社は、誰でも簡単にドローンプログラミングが学べるアプリ、「DRONE STARプログラミング」を開発するにあたり、これまで培ってきたITサービス開発力と、ドローン利活用推進事業での教育ノウハウを生かし、教育現場の方々とドローンを使ったICT教育を共創したいという思いから、本アプリの先行導入パートナーを昨年12月より募集致しました。先行導入企業・団体様のご協力により、先行導入期間1か月間におけるプログラム参加人数は250名を超え、ドローンプログラミング教室を全国各地の教育現場で共に研究開発し、小・中・高校・大学・社会人全てのドローンプログラミングのエントリーモデルとして、使っていただく皆さまの創造性を磨くことを重視し、論理的思考を育む本サービスを開発致しました。

〇本アプリとキャンペーン概要
「DRONE STARプログラミング」アプリは、送信機(プロポ)を使わず難しいコードを書かなくてもドローンの操縦制御を直感的にプログラミングできる、プログラム思考を身に着けるために最適なアプリ教材のエントリーモデルです。誰でも簡単にドローンプログラミングが学べるプログラミング編集画面では、前進、回転などの動作を制御する機能ブロックを、時間軸に沿ってタイムラインに配置し、ドローン(対応機体:DRONE STAR 01)に指令を出し、プログラム飛行させることでミッション達成を目指します。

この直感的なプログラミング編集画面を軸に、課題となる「ミッション機能」を搭載し、生徒一人一人が創造力を掻き立て、それぞれが目標を立てオリジナリティを出せるよう、”うさぎやクラゲの動きをドローンで表現してみよう”等、様々なミッションが収録されています。また、プログラムが完成し、実際にドローンをプログラム飛行させる様子を、作成したタイムラインと共に ”検証動画” として撮影する機能を搭載しています。この「検証動画撮影機能」により、自発的に検証し、プログラムを再編集する動機が生まれます。

これらの循環型機能を身近なスマートフォン向けアプリで提供することにより、生徒自身がプログラミングに興味を持ち、個々の感性を高め、アプリに沿って自発的にPDCAを回し続ける環境が可能となりました。

〇18gのアプリ対応ドローンが貰える!期間限定アンケートキャンペーン詳細

対象: ドローンプログラミングをご検討の学校・プログラミング教室など教育関係者様
概要: 対象者で、対象アンケートにご記入いただいた方全員にDRONE STARプログラミング対応ドローン
スターターセットをプレゼントする期間限定キャンペーンです。(1校につき1セット限定とさせていただきます。)

[画像2: https://prtimes.jp/i/28871/17/resize/d28871-17-672408-1.jpg ]

スターターセット同梱物:
(1)DRONE STAR 01 機体 ×2
(2)DRONE STAR 01 プロポ(送信機) ×1
(3)専用パーツ×1
(4)スタートガイド×1
(5)授業資料×1

キャンペーン応募期間:
2018年4月17(火)〜26日(木)17時59分迄

スターターセットの発送:
2018年4月19日(木)より順次発送予定

応募方法:詳細はURLをご覧ください。
DRONE STAR 新学期応援アンケートキャンペーン
https://www.dronestar.jp/starter_campaign/

〇アプリ:DRONE STAR プログラミング

[画像3: https://prtimes.jp/i/28871/17/resize/d28871-17-340038-8.jpg ]

DRONE STAR プログラミングは、生徒自身がプログラミングに興味を持ち、個々の感性を高め、アプリに沿って自発的にPDCAを回し続ける環境を提供する、新しいスマートフォン向けドローンプログラミングアプリです。
●対応デバイス:iOSバージョン8.0以上の iPhoneおよびiPad ※Android OSは今後対応予定です。
●提供プラットフォーム:App Store
●アプリ利用料:本アプリのご利用は有料となります。以下の価格表をご覧ください。
●配信日:2018年4月17日(火)※DRONE STAR プログラミングアプリと連携できる対応機体は順次拡大予定です。

■DRONE STAR プログラミングアプリ価格表(税込)
[画像4: https://prtimes.jp/i/28871/17/resize/d28871-17-824297-11.jpg ]

■アプリ対応機体および機体セット価格表(税込)

[画像5: https://prtimes.jp/i/28871/17/resize/d28871-17-728011-10.jpg ]



DRONE STAR(C)について:
DRONE STAR(読み:ドローンスター)は、ドローンとスマホアプリを繋げて、「楽しみながら学ぶ、新しいコミュニケーションの創造」を目指し、2016年にドバイで開催されたドローンレース世界大会に日本代表として参戦した高宮悠太郎を中心にプロジェクトを開始。ドローンスターとは、その利用ユーザーの中から新たなSTAR(スター)が生まれ、新しい可能性を拡げたいという思いを込めたドローンアプリのブランド名称です。

2017年4月に第1弾として、操縦者が室内で楽しく学べるアプリ「DRONE STAR」と、その対応機体「DRONE STAR 01(販売元:株式会社エル)」をリリース。スマホの画像認識とAR技術を活用し、操縦者の技能をスコア化するアプリとして、ドローン操縦を学びたい方、友達と一緒にスコアを競いながらゲームを楽しみたい方、ドローンの産業利用(操縦・点検・測量など)の資格認定学校、小・中・高校・大学・社会人教育など様々な場所でドローン操縦のエントリーモデルとして活用されています。

※リリース記載内容は報道発表日時点の情報であり、随時変更の可能性がありますので予めご了承下さい。
※iPhone、iPadは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の登録商標です。
※iOS商標は、米国Ciscoのライセンスに基づき使用されています。
※App Storeは、Apple Inc.のサービスマークです。
※Androidは、Google Inc.の商標または登録商標です。
※DRONE STARは、日本および他の国々で登録された株式会社ORSOの登録商標です。

株式会社ORSOについて:
株式会社ORSOは、ユーザー体験をデザインする会社として、ゲームを始めとするスマートフォンを活用したサービスの企画開発やグラフィック制作、CMSなどの各種ソリューションの提供を行っています。2014年より新規事業の一環でドローンプロジェクトを開始し、映像撮影を通じて多くのフライト経験を積み、自社安全基準を策定。そのノウハウを基礎として、DJI CAMPインストラクター技能認定とJUIDA認定スクール講師免許を取得。教育事業として、日本UAS産業振興協議会(JUIDA)ドローン操縦士および安全運航管理者養成スクール第1校目となる認定スクール「ロボティクスアカデミー」にて100名を超えるドローンオペレーターを輩出。ドローンの世界的なリーディングカンパニーであるDJI JAPAN株式会社と共同出資によりdo株式会社(2016年10月)を設立し、事業者と依頼者を繋ぐ「drone market」や「ドローン飛行チェックアプリ」などドローンで社会を豊かにをテーマに協働。ドローンとスマホアプリを繋げて、楽しみながら学ぶ、新しいコミュニケーションの創造を目指した「DRONE STAR(C)」プロジェクト(2017年4月)を発表。これまで培ってきたノウハウを生かし、アプリやサービス開発を通じてドローン事業を推進しています。

ORSOホームページ: https://www.orso.jp/
Facebook: https://www.facebook.com/ORSO.jp

PR TIMES

「プログラミング」をもっと詳しく

「プログラミング」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ