クラブメッド、変革・再生に向けた戦略を発表 ファミリー層の獲得をさらに推進

4月19日(木)16時30分 @Press

オールインクルーシブエクスペリエンスのパイオニア、株式会社クラブメッド(本社:東京都港区、代表取締役社長:スチュワート ド ブルゴーニュ)は、日本におけるクラブメッドブランドの変革と再生に向け、新しい事業の発展や顧客確保戦略の強化を行うことを発表しました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/154810/LL_img_154810_1.jpg
夏季シーズン 北海道トマム

世界最大の旅行サイト・トリップアドバイザーによる「トラベラーズチョイスアワード2018」の“ファミリー”部門では、<クラブメッド 石垣島>が国内第1位に選ばれ、1967年に世界初のキッズクラブを設立して以来、大人も子供もバカンスを楽しめる環境を整えてきた、ファミリーリーディング企業としての功績をたたえられました。

この度のクラブメッドの戦略について、クラブメッドマーケティング本部長 井上 忠浩は次のように語っています。「クラブメッドは1950年のブランド設立以来、オールインクルーシブバカンスを消費者に届け、独自のサービスやリゾートの開発を進めてきました。今後は、更なるファミリー層の確保を念頭に、マスト トライ エクスペリエンス(各リゾートと地域に特化した、ここでしか出来ない体験)やG.O(ジェントル・オーガナイザーの略。リゾートスタッフ)との交流を通して家族の絆を深めていただける戦略を図っていきます。」


【日本におけるクラブメッドブランドの変革・再生】
1. 新マウンテンリゾート<クラブメッド 北海道トマム>
2017年12月にオープンした、国内2軒目となるアジア最大級のマウンテンリゾートです。クラブメッドは、1956年、スイスに初めてのスキーリゾートをオープンして以来、フランスのアルプスを中心にマウンテンリゾートを展開し、現在は世界26カ所にまで拡大。ヨーロッパ最大のマウンテンリゾート数を誇っています。

2. 夏季シーズン 北海道トマム「マスト トライ エクスペリエンス」ローンチ
夏の北海道トマムでは、この時期にここでしか体験できない、4つの“マスト トライ エクスペリエンス”を開催します。『Ride a different wave』をテーマにしたトマムリゾートならではの体験です。

マスト トライ エクスペリエンス:
各リゾートと地域に特化した、ここでしか出来ない体験を用意した、マスト トライ エクスぺリエンス。夏の北海道ならではの、清々しい空気や美しい景色を楽しめる体験をオールインクルーシブエクスペリエンスの一部としてお楽しみいただけます。

・マウンテンアカデミー:
1956年、スイスのレザン村に初めてスキーリゾートをオープンしたクラブメッドが60年間、山で培ってきた体験。そして、北海道サホロにマウンテンリゾートをオープンして30年、日本の消費者の理解を得た山の体験。これら二つの体験を基にした、マウンテンバイクやトレッキングなどの新しい体験。

・サーカスアカデミー:
全世界に広がるクラブメッドで提供してきたサーカスの魅力や、著名なサーカス団とのパートナーシップに基づいたサーカススクールを構築。空中ブランコやジャグリングの体験。

・Flavors of Hokkaido (北海道の美食体験):
北海道でしか味わえない食材やフランスのガストロノミーを感じる料理の体験。1967年にリゾートとして世界初の「インターナショナルビュッフェ」を提供し、常に革新的な食の楽しみを提供するクラブメッドらしく、レストランでは4種類のライブクッキングが常設され、現地の食文化に精通したシェフとの会話や、G.Oとの食文化についての会話も体験可能。

・Flavors of Hokkaido (北海道の色彩体験):
雲海テラス・青い池・美瑛や富良野の絶景など、北海道が誇る自然美でしか体験できないオプショナルツアーを現地パートナーとともに提供。

・日本最大級屋内ウェイブプール

3. 北海道サホロのグレードアップ
2018年冬季シーズン営業からは、グレードアップした館内および客室をご用意し、より洗練された質の高い時間をお客様にお届けします。また、トマムのオープンやインバウンド効果に伴い増加したお客様の受け入れ体制をも整えており、館内のメインレストランは今年拡充されました。

4. ファミリーポジショニング戦略
1950年に地中海クラブとしてスタートしたクラブメッドは、近年のファミリーメディアとの取り組みや露出効果により、家族客の割合が7割にも増加しました。その証として、トリップアドバイザーによる「トラベラーズチョイスアワード2018」の“ファミリー”部門では、<クラブメッド 石垣島>が国内第1位に選ばれました。また、デジタルによる売り上げも2倍となり、更なる家族へ向けたアプローチが予定されています。

5. クラブメッド 石垣島、2018年トリップアドバイザーファミリー部門にて国内第1位
2018年1月に実施された、世界最大の旅行サイト・トリップアドバイザーによる「トラベラーズチョイスアワード2018」の“ファミリー”部門では、<クラブメッド 石垣島>が国内第1位に選ばれ、1967年に世界初のキッズクラブを設立して以来、大人も子供もバカンスを楽しめる環境を整えてきた、ファミリーリーディング企業としての功績をたたえられました。

6. 石垣市、2018年人気上昇中の観光都市ランキングにて世界第1位
2018年1月に実施された、トリップアドバイザーによる「2018人気上昇中の観光都市」ランキングで石垣市は世界第1位に選ばれました。世界屈指の美しい海と手つかずの自然に囲まれた琉球文化の息づくアイランドリゾートです。敷地面積は東京ドームの約4個分という広大な敷地を誇ります。日本百景のひとつでもあり、「ミシュラン・グリーン・ガイド・ジャポン」で三ツ星を獲得した川平湾から車でわずか10分という好立地で、隣接する公園や展望台からは美しい海や山並みが一望できます。

7. EXCLUSIVE COLLECTIONの成功戦略 - クラブメッド モルディブ フィノールヴィラ
クラブメッドが展開するリゾートにおいて、最高のロケーションの中、より洗練された寛ぎの時間をお過ごしいただける<EXCLUSIVE COLLECTION>。日常の喧騒から離れた楽園で、専属のバトラーによるパーソナルサービスを受けられる至福のバカンス体験が可能です。世界一とも評されるインド洋・モルディブの海に浮かぶ、クラブメッド モルディブ フィノールヴィラは、52棟すべてのゲストルームがヴィラタイプで、プライベートプールとバトラーが付いています。

8. 日本初進出リゾート導入拡大 - カンクン、フランスアルプス、ヨーロッパリゾート、アメリカ、アフリカなど
世界約70カ所にリゾートを展開するグローバル企業として、クラブメッドは昨年より日本初進出となるリゾートの予約販売をオンラインにて開始しました。イタリアやスイスのマウンテンリゾート、メキシコやブラジル、バハマのビーチリゾートを展開し、アウトバウンド増加へ貢献しています。


【クラブメッドについて】
「何も考えず、ただリラックスする時間。人生にはバカンスが必要なはずです。」
1950年に先駆的な考え方のもとスタートしたフランスのバカンスクラブです。
クラブメッドは、例えば友人の別荘に遊びに行った時のようにゆっくり気楽に滞在し、日常の疲れを取り除いていく、いわゆるフランス風バカンスを提案しています。現在では、世界24カ国、約70カ所にリゾートを運営し、透明度が高い美しい海でおもいっきり太陽を感じられるモルディブやモーリシャス、メキシコ カンクンに至る世界の一流リゾート地を展開しています。家族向けリゾート施設、ビーチリゾート運営にはとどまらず、1956年にスイス、レザン村に最初のスキーリゾートをオープンして以来、フランス シャモニーをはじめとする、ヨーロッパのアルプスをメインに世界中26軒の山岳リゾートを経営するスノーリゾート・マウンテンリゾートの国際的リーダーの顔もあります。

1967年には、ホテル・リゾートとして世界初のキッズクラブを設立し、昨年設立50周年のアニバーサリーイヤー迎えました。豊富な経験を活かして、大人だけではなく、子供たちもバカンスを楽しめる環境を整え、年齢に応じた子供をお預かりするサービスをご用意しております。

また、クラブメッドは世界最大の生徒数・スポーツ数を誇るスポーツクラブでもあり、ゴルフやテニス、スキーなど一流のインストラクターによるレッスンだけではなく、SUP(Stand Up Paddleboard)、スノーシューイング、Thai Kick Boxing等の地域に特化したアクティビティも提供しています。リゾート内のアクティビティを楽しんだり、プールサイドで本を読んだり過ごすことでスタッフである世界各国から集まったG.O(ジェントル・オーガナイザー)や他のお客様との交流が生まれます。そんな新しい出会いが、何よりも、クラブメッドの魅力と言えます。


【バカンスダイヤル (お客様専用問い合わせ先)】
0120-790-863 (フリーコール)


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

「推進」をもっと詳しく

「推進」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ