Styleflowの全社導入で、東京ガスの申請・承認・決裁業務の電子化を実現

4月19日(木)16時1分 PR TIMES

クラウドベースのワークフローシステムにより、モバイルワーク、在宅勤務を実現

TDCソフト株式会社(東京都渋谷区、代表取締役社長:谷上 俊二、以下、TDCソフト)は、東京ガス株式会社(東京都港区、代表取締役社長:内田 高史、以下、東京ガス)が、働き方改革の取り組みの1つとして、モバイルワーク、在宅勤務の実現に向けて、クラウド型ワークフローシステム「Styleflow(スタイルフロー)」を2018年4月より全社で運用開始することを発表します。

【「Styleflow」が東京ガスで採用された背景と目的】
東京ガスでは、2016年4月の電力全面自由化、2017年4月の「都市ガスの自由化」を踏まえて、積極的なビジネスモデル変革に取り組まれています。これを支える働き方改革の一環として、2016年度より、社員がワクワク働く「ワクワクワーク」というプロジェクトが立ち上がり、ICTを活用した様々な取り組みが推進されました。中でも、社員の生産性向上に直接的に寄与する、在宅勤務やモバイルワークの実現を目的に「上申書電子決裁化」が決定され、これまで紙ベースで行っていた申請・承認・決裁業務を、クラウドでどこからでも可能とするワークフローシステムとしてStyleflowが採用されました。

■Styleflow採用のポイント
・申請・承認・決裁がモバイル対応である。
・申請者自身が案件ごとに承認ルートを容易に設計・作成できるため、非定型の業務に対応できる。
・SaaSによるサービスであるため迅速に導入でき、かつTCOの削減につながる。

【Styleflowを導入する効果】
2017年度、一部利用者を対象にトライアル運用を開始。クラウドのため回覧・印刷時間が不要となったことで、決裁完了までの時間が短縮されました。さらに、印刷機会が減ったことで、決裁回付中の文書紛失リスク、紙の使用量・保管量の削減にも効果がありました。
柔軟な対応を可能とするStyleflowの全社導入により、非定型業務に係わる作業時間を削減することが可能となり、「残業の削減」や「ワーク・ライフ・バランスの向上」にもつながると期待されています。
今後は部門内の独自の申請業務等への展開を検討しており、「働き方改革」を推進するツールとしてさらなる活用が検討されています。


■東京ガス株式会社
代表者  代表取締役社長 内田 高史
所在地  東京都港区海岸一丁目5番20号
URL  http://www.tokyo-gas.co.jp/

■「Styleflow」について
Styleflowは、PC、スマホで利用可能なクラウド型ワークフローシステムです。プログラム知識不要で、ExcelやWordの申請フォーマットからWEBフォームに変換できます。シンプルなダッシュボードデザイン、初期費用無料・月額費用300円(1ユーザー)のわかりやすい料金体系、組織・申請情報の世代管理が可能なため、あらゆる決裁業務で柔軟な運用ができることが特長です。
URL  https://www.tdc.co.jp/solutions/service/cloud/styleflow/

■TDCソフト株式会社
代表者  代表取締役社長 谷上 俊二
所在地  東京都渋谷区代々木三丁目22番7号 新宿文化クイントビル
URL  https://www.tdc.co.jp/

【本リリースおよび製品に関するお問い合わせ先】
TDCソフト株式会社
TEL:03-6730-8131 E-mail:tdcsoft_salesplanning@tdc.co.jp
マーケティング担当:大西、藤本

※本リリースに記載された法人名・商品名は、各法人の商標または登録商標です。

PR TIMES

「東京」をもっと詳しく

「東京」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ