ネオキャリア、携帯電話販売店コンサルティングのアシストと業務提携

4月19日(木)12時1分 PR TIMES

店舗スタッフの人材不足解消に向け、日本語が堪能な海外人材活用促し、年間300名採用を目標

 株式会社ネオキャリア(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:西澤亮一、以下「ネオキャリア」)が運営する、海外現地面接会の実施を中心とした海外人材の日本企業への人材紹介サービス「Bridgers」では、携帯電話販売の店舗スタッフ教育や店舗マーケティングのコンサルティングを行う株式会社assist (本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鬼沢伸一、以下「アシスト」)と業務提携契約を締結しました。

[画像: https://prtimes.jp/i/11666/123/resize/d11666-123-613487-0.jpg ]


■業務提携概要
アシストはワイエスシーインターナショナルのグループ会社です。主力事業は、全国約500の携帯販売店に向け、販売促進やスタッフトレーニングの課題解決を行う「携帯ショップ運営事業者様向けソリューションサービス」 です。同社には携帯販売店の販売スタッフ経験者が多数所属し、経験を活かした現場目線で行う各種サポートを強みとし、事業を拡大しています。
また、ネオキャリアの提供するサービス「Bridgers」は、海外人材を採用したい企業や、人材採用に課題を抱えている企業を中心とした他業種のクライアントへ「1社単独の海外現地面接会」を開催する、海外人材紹介サービスです。大学をはじめとした教育機関や、SNSなどを活用した求職者の確保から、日本人キャリアカウンセラーによる求職者との個別面談、そして現地面接会の開催からマッチングまでを一気通貫で行うことを強みとし、2016年10月のサービス開始以降、約1年半で導入社数350社、外国人採用実績は1,500名、うち携帯販売店は約600名と高い実績を残しています。
今回の業務提携では、アシストが各店舗のサポート業務を行うなかで顕在化した、各店舗が抱える「人材採用」「人手不足」といった採用についての顕著な課題解消に向け、「Bridgers」のサービスをアシストのサービスラインナップへ加えることで、携帯販売店の課題解決スピードを加速することを目的としています。
提携を通じて、販売スタッフの稼動人員が増加することで、販売スタッフの業務負荷軽減、さらにスタッフ教育時間の確保などさらなる販売スキル向上などの好循環を生み、国内で本格的な取り組みが進む「働き方改革」のさらなる推進を狙います。なお本件における目標として、業務提携開始から1年間で300名の海外人材採用と掲げております。

■背景
昨今「働き方改革」のもと、携帯電話キャリア各社が販売スタッフの生産性改善や業務効率アップを目的に、店舗の休業日を新設したり、閉店時刻を早めたりするなど、各社活発な施策を打ち出しています。携帯販売店の特徴として、社会インフラともいえる電話など通信機器を扱うことから年中無休とせざるを得ず、また対面の接客で料金プランや契約締結など複雑で多様な業務を行うこととなり、販売スタッフの負担が重く、これを理由として相対的に離職率が高い業界であるといわれています。こうした状況を受け、労働環境の改善などの離職防止に向けた施策、接客品質向上などの取り組みが進みましたが、離職率は以前高止まりしているのが実情です。同時に国内各企業では、人材の確保がますます困難となり、国籍にとらわれない人材採用の重要性がより一層増しています。
こうした状況を踏まえ、ネオキャリアでは、引き続き携帯電話販売店のみならず、人材不足に課題を抱える各業種企業に対し、日本就職を希望する海外人材の積極的なクロスボーダー就職という選択肢をご提示し、この流れをよりいっそう促進してまいります。

■アシストの概要
商号:株式会社assist(https://ab-assist.co.jp/company/)
所在地:東京都新宿区西新宿3丁目1番5号 新宿嘉泉ビル3階
代表者:代表取締役社長 鬼沢伸一
事業概要:モバイルショップ運営支援事業

■ネオキャリアの概要
商号:株式会社ネオキャリア(http://www.neo-career.co.jp/)
所在地:東京都新宿区西新宿1-22-2 新宿サンエービル
代表者:代表取締役 西澤亮一
事業概要:新卒採用支援事業、中途採用支援事業、保育・医療系人材紹介、介護・一般派遣事業、海外中途人材紹介事業、BPOサービス、人事制度・組織改革支援事業 他

PR TIMES

「携帯電話」をもっと詳しく

「携帯電話」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ