BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

100年人生「ライフシフト」のために本当に必要なことは?

Forbes JAPAN4月20日(木)15時0分
画像:100年人生「ライフシフト」のために本当に必要なことは?
写真を拡大
2016年10月、六本木ヒルズ「アカデミーヒルズ」でこんな場面があった。2ヶ月間にわたって開催された石倉洋子・一橋大学名誉教授による、「グローバル・ゼミ」でのことだ。

「自分が100歳になったときに、このゼミの同窓会が開かれることになった。そこで100歳になるまで自分がどんな人生を歩んできたか、現在は何をしているかなどを英語でスピーチしなさい」

これが石倉教授からの課題である。

さて、あなたは100歳になったときの自分が何をしているか、想像したことがあるだろうか? おそらく大半の人は考えたことはないだろう。5年後のことだって、考えるのは難しい。石倉教授が「100歳」という課題を出したのは理由がある。

ロンドン・ビジネススクールのリンダ・グラットンとアンドリュー・スコットの二人の教授による共著でベストセラーとなった『ライフシフト』は、人間の長寿化を指摘している。いま50歳未満の人、特に長寿国の日本人は、100年以上生きる「100年ライフ」となる可能性が高いと説いている。

フォーブス ジャパン編集部は、アンドリュー・スコットとリンダ・グラットンにそれぞれインタビューを行った。リンダ・グラットンが100歳時代に適応するための3つのポイントをこう話す。

「一つ目は従来と違う考え方をしなければならないということです。これまでの人生は、”学校で教育を受けて””会社で仕事をして””引退”という3つのステージで人生を分ける考え方が主流でした。しかし、100年時代には、人生をマルチステージ化し、過去のロールモデルやこれまで有効だったキャリアの道筋、人生の選択が役に立たなくなります」

社会人が学校に行ったり、地域活動をしたりする割合は、OECD諸国で日本はかなり低い。早くから生き方を複線化することで、長い引退期間を充実させるべきだという。

続いて、二つ目のポイントについて、こう言う。

「資産についての考え方です。資産というと、お金など目に見えるものに目がいきがちですが、同じくらい大切なのが目に見えない、スキル、健康、人間関係といった無形資産です。100年時代という長い人生を幸せで生産的なものにするためには、金銭面との相乗効果を生み出すことが重要なのです。

最後は『変化』が当たり前になることを理解すること。生涯を通じ、変身し続ける覚悟をもたなければなりません。そのためには自分自身を知ること、自分とは異なるロールモデルと接することが大切です。また今後は、必要とされるスキルの価値が瞬く間に変わっていきます。自身のもっているスキルを常に見直しながら、再構築し続けることが肝要です」

さて、冒頭の石倉洋子教授の「グローバル・ゼミ」最終講座。100歳時の課題について受講生に発表をさせるのかと思っていたら、突然、「皆さんのグループで起業をするとしたら、何をするか、20分で考えなさい」という指示が出たという。

では、「100歳」の課題は何だったのか?

実は、100歳時の世界環境、政治経済、テクノロジー、あらゆることを想定して、自分がそのとき何をしているかを考えると、自分の強みや自分の活かされる経験が何かを認識できる。そのうえで、「起業」を考えると、自分のもつ個性を育てることになる。そう、100歳を想像することは、自分をイノベーティブにしていくことにもつながるのだ。

アカデミーヒルズで開かれる石倉教授の「グローバル・ゼミ」は、英語による議論が求められる。レベルは高いが、このゼミからビジネスも生まれている。また社会起業家が輩出されたり、社会起業家を応援したりするプロジェクトも誕生している。

フォーブス ジャパンWEB編集長の谷本有香は、同ゼミの一期生でもある。

「アメリカのビジネススクールなみの厳しさと言われていますが、ビジネススクールが20代中心なのに対して、グローバル・ゼミは大学教授も受講するなど、皆さんがバックグラウンドをお持ちです。世代、職業、知見など、異なる背景をもった方々と議論できる点が大きく違うのです」(谷本)

これこそ、リンダ・グラットンが言う100年ライフのポイントである。「自分と異なるロールモデルと接すること」。100年ライフを充実させるための大きな足がかりになるはずだ。

はてなブックマークに保存

最新トピックス

経済トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「人生」「教授」「六本木ヒルズ」「一橋大学」の関連トピックス

「人生」をもっと詳しく

注目ニュース
パリ・JAPAN EXPO 2017(7/6-7/9) 日本企業出展エリア「SAIKO! JAPAN(サイコージャパン)」出展ラインナップ続々発表! PR TIMES6月23日(金)19時28分
ゲーム&アニメ(「ポケモン」「エヴァ」「弱虫ペダル(舞台)」他)、アイドル(「虹コン」他)、お笑い(「鉄拳」他)…過去最大規模が日本より参…[ 記事全文 ]
日米韓連合が東芝メモリの売却先として最悪な理由 JBpress6月28日(水)6時14分
?東芝の取締役会は6月21日、東芝メモリの売却に関して、政府系ファンドの産業革新機構を中心とする「日米韓連合」と優先交渉を行うことを発表し…[ 記事全文 ]
東芝、半導体の売却契約を先送り TBS6月27日(火)23時37分
東芝が経営再建の“柱”と位置付ける半導体事業の売却。当初、28日の株主総会までとしていた契約を先送りする事態となりました。[ 記事全文 ]
レクサス新型「LS」が日本に! 世界初の技術でドイツ勢に先行できるか (1) 目指すは世界で最も○○なクルマ マイナビニュース6月27日(火)10時43分
トヨタ自動車はラグジュアリーブランド「レクサス」のフラッグシップモデル「LS」の新型を日本で初公開した。[ 記事全文 ]
検索結果「自社優遇」グーグルに制裁金…欧州委 読売新聞6月27日(火)22時43分
【ブリュッセル=横堀裕也】欧州連合(EU)の執行機関、欧州委員会は27日、米グーグルが検索サービスの市場で独占的地位を乱用し、EU競争法(独占禁止法)に違反したとして、24・2億ユーロ(約3000億円)の制裁金を科したと発表した。競争法違反で企業に科した制裁金としては過去最高額となる。[ 記事全文 ]

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア