韓国紙、日本をパクるのは国の恥 ジャイアントコーン「そっくり」商品が騒動

4月20日(金)7時0分 J-CASTニュース

韓国の「スーパーコーン」。プレスリリースに掲載された画像より

写真を拡大

「『自分たちの行為は「参考」、他社の行為は「パクリ」』という態度が、国に恥をかかせているのです」——韓国の主要紙・朝鮮日報(日本語ウェブ版)に、2018年4月18日、自国企業への厳しい論評が掲載された。


糾弾を浴びたのは、国内有数の食品メーカー「ピングレ」だ。発表したばかりの新製品が、日本のロングセラー商品「ジャイアントコーン」(江崎グリコ)にそっくりだと議論を呼んでいるのである。

4年をかけて開発したというが...



「既存製品と差別化された、完全な製品」

「革新的なパッケージング方式」

5日、韓国・ピングレがこんなうたい文句とともに発表したのが、コーンアイス「スーパーコーン」である。


ピングレは韓国の食品大手だ。代表製品である「バナナ牛乳」は国民的な人気飲料として知られ、日本でも2012年、国内メーカーとの提携により販売されている。


「スーパーコーン」はその渾身の新製品として、4年の歳月と100億ウォン(約10億円)を投じて開発された。コーンのサクサクした食感、アイスに乗せられたチョコレートやピーナッツなどのトッピング、そしてアイス全体をくるっと個包装した、円錐形のパッケージ——ピングレの発表文は、この製品で市場を制してみせる、との意気込みに満ちている。


——この説明を聞いてあなたは、もしかしたら「どこかで聞いたような......」と思ったかもしれない。そう、グリコの「ジャイアントコーン」だ。


ジャイアントコーンは1963年に前身となる商品が発売、その後78年から現在の名前に改め、2018年で誕生40年を迎えるロングセラーアイスである。




パッケージの色まで完全一致



スーパーコーンと見比べてみると、商品のコンセプトはもちろんのこと、トッピングの組み合わせ、パッケージのデザインやカラーリングにいたるまで、あまりにも「そっくり」。印刷された商品の写真が、チョコナッツ(スーパーコーンでは「バニラ」)のみコーンの側面が割れている、という細かな演出まで一致している。



韓国内でもさすがに「パクリ議論」が勃発、批判の声が相次いだ。ピングレ側は過去の製品で同様のデザインを採用していた、と主張したものの、デザインの修正も検討している、と地元メディアに釈明したが(韓国経済新聞)、騒動は収まらず。日本でも「zakzak」などが、過去の韓国企業による日本製品の「パクリ疑惑」と合わせて報じた。



韓国側も、これが堪えたようだ。上述の朝鮮日報は、「日本製品パクリ疑惑、食品大手ピングレの『二つの顔』」と題した記事の中で、ピングレが自社の類似品には訴訟も辞さない一方、過去にも同様の指摘を受けたことを解説、zakzakの韓国批判を引きつつ、


「ある日本メディアは今回のパクリ疑惑について『日本にいいものがあれば、とりあえず取り入れて使うというのが韓国人の発想』と報じました。『自分たちの行為は「参考」、他社の行為は「パクリ」』という態度が、国に恥をかかせているのです」

と、自省を促した。


江崎グリコの広報担当者はJ-CASTニュースの取材に対して19日、今回の件については認識しているとした上で、以下のように語った。



「個別の他社商品についてのコメントは控えています。しかし本件に限らず、我々の製品には味、デザインなど独自性があると考えており、それを模倣するようなものには、精査の上で適正に対処いたします」

J-CASTニュース

「韓国」をもっと詳しく

「韓国」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ