フィリピン マカティ市におけるオフィス開発事業に参画

4月23日(月)10時0分 @Press

株式会社サンケイビル(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:飯島一暢)と京阪ホールディングス株式会社(本社:大阪府大阪市中央区 代表取締役社長:加藤好文)は、2018年4月20日付にて、三菱商事株式会社(以下「三菱商事」)と共同で、フィリピンのマニラ首都圏において最大のビジネスエリアであるマカティ市内のオフィス開発事業に参画しましたので、お知らせいたします。

本件は、マカティ市において三菱商事及びローカルパートナーであるCentury Properties Group Inc.が開発を進めている、地上35階地下5階建てのオフィス開発事業に参画するものです。マカティ市では、堅調な経済成長と人口増加により、オフィス需要が増加しており、その中心部においてハイスペックなオフィスを開発することで、ニーズに応えてまいります。

■物件概要
PJ名 フィリピン マカティ市オフィス開発PJ
物件所在地 マニラ首都圏マカティ市
敷地面積 約3,166平方メートル
延床面積 約94,768平方メートル
階数 地上35階地下5階
用途 オフィス、一部商業
着工年月 2016年1月
竣工年月 2019年12月(予定)

以 上



詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

「フィリピン」をもっと詳しく

「フィリピン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ