新型コロナ ロックダウン議論要求に西村大臣「不断の検討」

4月23日(金)16時50分 TBS

 新型コロナウイルスの感染が拡大するなか、西村経済再生担当大臣は外出制限や「ロックダウン」の議論の必要性について、不断に検討していく考えを示しました。

 「国民的議論として、ロックダウンが必要ではないかと、国民的議論として考えるべきではないかと考えています」(日本維新の会 遠藤敬議員)

 「私自身は不断の検討をして参りたいと思いますし、国会の場でもそうした議論が深まっていくことを期待したいと思います」(西村康稔経済再生相)

 西村大臣は、フランスやオーストラリアなど、「民主的な先進国でも外出制限に罰則を設けている」としたうえで、ロックダウンも含めた感染防止策について「不断の検討をしたい」と述べました。一方、「何度もロックダウンを繰り返している国があり、コロナは何回も波が起こる」と指摘し、諸外国の制度も踏まえ、感染症を抑えていくため何が必要かを常に考えていきたいと強調しています。(23日15:00)

TBS

「ロックダウン」をもっと詳しく

「ロックダウン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ