宇治茶・伊藤久右衛門×ホテル阪急インターナショナル 初の共同企画 ≪期間限定≫老舗茶屋の抹茶を上品な創作スイーツに 2018年5月1日(火)より ホテル阪急インターナショナルにて

4月24日(火)16時1分 PR TIMES

ホテル阪急インターナショナル(大阪市北区茶屋町19-19 総支配人:菅野 伸一)では、2018年5月1日(火)よりレストラン3店舗にて、京都・宇治の老舗茶屋「伊藤久右衛門」と「ホテル阪急インターナショナル」の共同企画「MATCHA COLLECTION(抹茶コレクション)」を開催いたします。

[画像1: https://prtimes.jp/i/2504/2041/resize/d2504-2041-738747-1.jpg ]

創業百八十余年の歴史を持つ「伊藤久右衛門」。お茶の品質を追求し続けながらも、お客様に宇治茶の新しい価値を広く発信しているその姿勢に当ホテルが共感。ホテルを訪れる女性に向けて常に新しい商品を開発するシェフ・パティシエが、宇治茶の魅力を最大限に引き出した特別スイーツをご用意いたします。
シェフ・パティシエが培ってきた経験と磨かれた感性で織りなす、ここにしかない目にも鮮やかなひと品をお楽しみください。

■期 間
 2018年5月1日(火)〜6月30日(土)
■名 称
 「MATCHA COLLECTION(抹茶コレクション)」
■店舗・内容
□レストラン&スカイバンケット「ソラメンテ」(25階)
 特別デザート「Jouets ジュエ」 5,100円(※ランチコース内の一品として提供)
□ティーラウンジ「パルテール」 (2階)
 「抹茶のアフタヌーンティーセット」 3,000円
□テイクアウトコーナー(1階)
 「雅-Miyabi-」 600円
 「彩-Aya-」「粋-Iki-」 550円
[画像2: https://prtimes.jp/i/2504/2041/resize/d2504-2041-644854-3.jpg ]

◆京都・宇治 伊藤久右衛門について
江戸後期・天保三年、初代伊藤常右衛門・瀧蔵が田原村 名村にて茶業に
携わりはじめ、その後百八十余年にわたり茶づくりを継承。創業から貫いてきた
お茶の品質を追求する姿勢と時代に合わせて新しい感覚を取り入れることを大事に
宇治茶ならではの美しい色・豊かな香り・味わいと、宇治の街の魅力を発信中。
URL:https://www.itohkyuemon.co.jp/


<商品概要>
[画像3: https://prtimes.jp/i/2504/2041/resize/d2504-2041-236581-0.jpg ]

■レストラン&スカイバンケット「ソラメンテ」(25階)
<お問い合わせ>TEL:06-6377-3389(直通)
<提供時間>11:00〜14:00(L.O.)
<料   金>1名様 5,100円
<メニュー>特別デザート「Jouets ジュエ」
スクエアで仕立てられたモダンな世界を
濃厚な抹茶ムース、まろやかなマスカルポーネ、
ブラックココアで創作。
※ランチコース内のひと品として提供。

[画像4: https://prtimes.jp/i/2504/2041/resize/d2504-2041-683503-5.jpg ]

■ティーラウンジ「パルテール」(2階)
<お問い合わせ>TEL:06-6377-3631(直通)
<提供時間>10:30〜19:00(L.O.)
<料   金>1名様 3,000円
<メニュー>「抹茶のアフタヌーンティーセット」
丁寧に挽いた抹茶をケーキやクリームに織り交ぜ
香り高い小菓子に。抹茶のまろやかな旨味とコクが
口いっぱいに広がります。

■テイクアウトコーナー (1階)
<お問い合わせ>TEL:06-6377-3628(直通)
<販売時間>11:00〜21:00
<内容・料金>
[画像5: https://prtimes.jp/i/2504/2041/resize/d2504-2041-712312-2.jpg ]

「雅-Miyabi-」600円
濃厚な抹茶をジョコンド、ガナッシュ、バタークリームに
合わせ、美しい層にした抹茶オペラ。奥深い風味は抜群。

「彩-Aya-」550円
深みある抹茶とパッションフルーツ、ホワイトチョコの
融合。なめらかな舌触りのクリームを、サクサクした
クッキー入り生地に挟んだ、新感覚のシュークリーム。
[画像6: https://prtimes.jp/i/2504/2041/resize/d2504-2041-276517-4.jpg ]


「粋-Iki-」550円
マスカルポーネ入りのムースの中には、しっとりとした
抹茶のスポンジと茹であずきを忍ばせて。ほろ苦い抹茶
クリームと黒豆を添えて、和の雰囲気を醸し出します。

※画像はすべてイメージ。
※表記の料金はすべて消費税・サービス料込
 (テイクアウトコーナーは消費税のみ)。


◆ホテル阪急インターナショナルについて
16世紀のイタリア・トスカーナ地方の貴族の邸宅をイメージしたホテル。オールスイート感覚の贅を尽くした客室は全室が26階以上に位置し、ヨーロッパからの貴重な調度品が優雅な空間を彩ります。
世界共通で人々の心を和ませてくれる「花」をメインテーマに、潤いの時間とやすらぎのシーンを演出。館内のいたるところに花を配し、細やかなホスピタリティで、真のリラクゼーションへと導きます。


【この件についてのお問い合わせは】
ホテル阪急インターナショナル広報担当:向 真有香・筒井 愛美・蘆田 恵美
〒530-0013 大阪市北区茶屋町19-19
TEL:06-6377-3608  FAX:06-6377-5715
HP:https://www.hankyu-hotel.com/hotel/hh/hhinternational/

リリース http://www.hankyu-hanshin.co.jp/file_sys/news/5894.pdf

発行元:阪急阪神ホールディングス
    大阪市北区芝田1-16-1

PR TIMES

「阪急」をもっと詳しく

「阪急」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ