目元まわりの皮ふを“光老化”から守るサングラスが新登場 レンズだけでなく『フレーム』でも紫外線をカットするニューモデル5月2日からメガネのアイガン全店舗で発売

4月25日(水)10時0分 @Press

「メガネのアイガン」を運営する愛眼株式会社(本社:大阪市天王寺区、代表取締役社長:下條 三千夫)は、スキンケアに特化したPBサングラスのニューモデル「UV420&NIR CUT SUNGLASSES UV-4210」を2018年5月2日(水)から全国のメガネのアイガン店舗で発売いたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/154287/LL_img_154287_1.jpg
UV420&NIR CUT SUNGLASSES UV-4210 商品イメージ

■商品コンセプト
紫外線・高エネルギー可視光線・近赤外線・ブルーライトの4つの有害光線をカットする「アイガンUV420シリーズ(※1)」のサングラス「UV420&NIR CUT SUNGLASSES」は、PBサングラスの中でも健康や美容への関心が高い方に好評をいただいております。今回はレンズだけでなく、フレームの設計とデザインに有害光線対策の機能性を持たせました。肌の光老化(※2)への対策として、レンズを目元周りの薄い皮膚をバランスよく覆うポジショニングや、上下やサイドの隙間から侵入する光の軽減をフレーム設計により実現。さらに“女性に優しいサングラス”が誕生しました。

(※1) アイガンUV420シリーズとは
メガネのアイガンの「アイガンUV420シリーズ」は、紫外線だけでなく、目の健康や美肌に影響すると言われている他の光線もカットする、オリジナルレンズおよびオリジナルサングラスです。
度入りレンズにおいても、2015年発売以降、50万枚以上販売し幅広い年齢層のお客様に反響をいただいております。

(※2) 肌の光老化とは
実は肌の老化は、加齢による自然老化は2割程度にすぎず、8割は太陽光線の影響によるといわれているのです。現にお年寄りでも日光を浴びない太股の内側などは色が白く、柔らかで、細かいしわはあるものの、深いしわはありません。太陽光線によってしみ、しわ、たるみなどの「老徴」が出てくることを、光老化と言われています。


■商品概要
商品名 : UV420&NIR CUT SUNGLASSES
発売日 : 2018年5月2日(水)
価格 : 16,200円(税込)
品番 : UV-4210
種類 : 1型3色
素材 : TR90(超弾性樹脂)
販売店 : 全国のメガネのアイガン店舗 http://www.aigan.co.jp/store/
通販Web: https://lifesupport.shop/


■商品特徴
近赤外線を含む“4つの有害光線”を効率的にカットするレンズ
・紫外線 : (200nm〜400nm)約100%カット
・HEV(高エネルギー可視光線): (400nm〜420nm)約94%カット
・ブルーライト : (380nm〜500nm)約40%カット
※目の老化の原因の可能性があるといわれている光線
・近赤外線 : (760nm〜1,100nm)約50%カット
※目の元のしわ・たるみの原因の可能性があるといわれている光線


■遮光性を強化したフレーム
(1) フロント部にシェードを装備。気になる隙間からの光の侵入を軽減します。
https://www.atpress.ne.jp/releases/154287/img_154287_9.jpg
(2) サイドからの光の侵入を軽減する遮光性の高い幅広テンプル。
https://www.atpress.ne.jp/releases/154287/img_154287_10.jpg
(3) ステンレス製の鼻あてパーツを装備。睫毛が当たりにくくなっています。
https://www.atpress.ne.jp/releases/154287/img_154287_11.jpg

愛眼は、今後も新しいメガネやサングラスを社会へ提案していくと同時に、多様化する生活シーンやライフスタイルに応じて、お客様のニーズにお応えしていきたいと考えています。


■会社概要
商号 : 愛眼株式会社
本社所在地: 大阪市天王寺区大道4丁目9番12号
代表者 : 代表取締役社長 下條 三千夫
資本金 : 5,478百万円
設立 : 1961年1月11日
事業内容 : 当社グループは、眼鏡・サングラスその他関連商品を
取り扱う眼鏡専門店チェーンを展開しております。
URL : http://www.aigan.co.jp/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

「メガネ」をもっと詳しく

「メガネ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ