BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

株式会社リブ・コンサルティング「企業理念浸透・企業文化レベル診断プログラム」をリリース

@Press4月26日(水)13時0分
画像:株式会社リブ・コンサルティング「企業理念浸透・企業文化レベル診断プログラム」をリリース
写真を拡大
株式会社リブ・コンサルティング(代表取締役社長:関 厳)組織開発コンサルティング事業部は、このほど、「企業理念浸透レベル・企業文化レベル診断プログラム」( http://www.libcon.co.jp/wp-content/uploads/2017/04/corporate-philosophy-penetration170425.pdf )をリリースしました。同診断プログラムは、社員のモチベーションファクターを見極めるワークショップと、認定コーチによる経営者、各層の社員へのインタビューにより、企業理念の浸透度合を測定することができます。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/127243/img_127243_1.png
リブ・コンサルティング 竹内 義博

従来、理念浸透診断、理念策定、理念浸透、理念実現サポートの4フェーズで構成してコンサルティングサポートしていたプログラムを分割し、理念浸透診断フェーズのみでも導入できるように簡易化したものです。

認定コーチで、同事業部シニアコンサルタントの竹内 義博は、次のように語っています。
「企業競争力を高めるためには社員一人ひとりの持つ能力を高め、それを足し合わせるだけではなく、掛け算にして、飛躍的に高めることが必要です。そのためには企業活動の拠り所としての企業理念がしっかりと浸透していることが大切です。

外部環境の変化が激しい時代だからこそ、企業理念を活かすために、まず社員への浸透度合を測定し、理念再構築や理念浸透への取り組みの指針つくりが企業競争力強化の第一歩と言えます」

「企業理念浸透レベル・企業文化レベル診断プログラム」は、1か月間で実施が可能です。
( http://www.libcon.co.jp/wp-content/uploads/2017/04/corporate-philosophy-penetration170425.pdf )

■プロフィール
株式会社リブ・コンサルティング
組織開発コンサルティング事業部シニアコンサルタント/認定コーチ
竹内 義博(たけうち よしひろ)

大学卒業後、半導体製造装置メーカー大手の東京エレクトロン株式会社で営業に従事。米国大手経営コンサルティングファームArthur D.Little Japan、General Electric のマーケティングを経て、東京エレクトロン株式会社に再入社。
経営企画部門で企業理念の作成・浸透、組織風土改革に取り組んだ後、人材開発部門で経営者人材育成、マネジメント強化、キャリア開発、コミュニケーション改善のプログラム設計に取り組む。
その後、日本企業の「働きがいのある会社」つくり活動を支援するためにリブ・コンサルティングに入社。理念作成・浸透と組織開発を中心にクライアントの支援を行っている。
国家資格キャリアコンサルタント、CTI認定プロフェッショナル・コアクティブ・コーチ、
PHP研究所認定ビジネスコーチ


■株式会社リブ・コンサルティングとは
「“100年後の世界を良くする会社”を増やす」を理念に掲げ、総合経営コンサルティング業務、企業経営に関する教育・研修プログラムの企画・運営を行っています。設立4年で社員数110名(単体。グループ全体で290名)となり、東京、韓国、タイにオフィスを有する総合経営コンサルティング会社です。3年連続(2015、16、17年)で「働きがいのある会社」ベストカンパニーに選出され、「2016年 注目企業33」(経済界)に選ばれています。

<会社概要>
会社名 : 株式会社リブ・コンサルティング
本社 : 〒100-0004
東京都千代田区大手町1丁目5-1
大手町ファーストスクエア ウエストタワー 20F
代表者 : 代表取締役社長 関 厳(せき いわお)
事業内容: 総合経営コンサルティング業務
企業経営に関する教育・研修プログラムの企画・運営
URL : http://www.libcon.co.jp/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

はてなブックマークに保存

最新トピックス

経済トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「企業」をもっと詳しく

注目ニュース
バイク販売低迷、ピークの1割…原付き振るわず 読売新聞8月20日(日)11時38分
国内バイク市場の低迷が続いている。手頃な価格の軽自動車や電動アシスト自転車が人気となり、身近な移動手段だった原付きバイクの販売が振るわないためだ。二輪車大手は利幅の大きい中・大型に力を入れるなどして打開したい考えだが、若者のさらなるバイク離れを招く恐れもあり、難しい対応を迫られている。[ 記事全文 ]
ひきこもり長男"4千万相続"で妹の"悶々" プレジデント社8月20日(日)11時15分
37歳の長男はひきこもり。将来が心配だが、持ち家があり、両親は4300万円分の現金と株を相続させるつもりだった。[ 記事全文 ]
年収150万円が普通に?2030年の社会はこうなる? All About8月18日(金)21時40分
日本はどうなるの?未来予測を書いてみます今後数年で、経済格差はますます拡大すると思われます。そこで、ちょっとした未来予測をしてみました。[ 記事全文 ]
苦戦強いられる流通業界でなぜドン・キホーテだけ堅調なのか NEWSポストセブン8月20日(日)7時0分
“驚安の殿堂”をうたうディスカウントストア(DS)、ドン・キホーテ(以下、ドンキ)が好調だ。[ 記事全文 ]
東芝、半導体売却に慎重論=利益の9割、交渉難航で—主力行は断行求める 時事通信8月19日(土)15時32分
東芝が進める半導体子会社「東芝メモリ」の売却をめぐり、東芝社内で慎重論が浮上してきた。[ 記事全文 ]

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア