「いい声」で日本をハッピーに! 「声総研」発足、HPも

4月26日(火)12時47分 J-CASTニュース

「声総研」HPのトップ画面

写真を拡大

   東京工芸大学工学部・森山剛助教と、カヤックが運営する国内最大の音声投稿コミュニティーサイト「こえ部」プロデューサー鈴木啓央氏の発案により、2011年4月25日に「声総研」が発足した。ボイストレーナー・秋竹朋子氏の協力も得た新しい試みで、「いい声になろう!」を合言葉に、「声」とまじめに向き合って科学的に研究し、「声」の話題を積極的に発信していこうというのが目的だ。




   「声」は生まれ生来のもので、変えられないと思われがちだが、実はそうではなく、少しの工夫で良い声に変えることができ、その結果、人間的な魅力の向上にもつながるという。


   「声総研」では、声の重要性や声に対する意識を高めてもらうことで、「良い声」「すてきな声」の人を増やし、日本をハッピーにしていきたい考え。それを踏まえて、科学的アプローチに基づき、「声」の話題を積極的に発信していく。


   「声総研」発足に伴い、ウェブサイト「声総研.com」(www.koesouken.com/)を開設し、「声」に関するコラムをはじめとした、「声」についての知識を気軽に得られるコンテンツを提供する予定。今後、"モテ声"診断ツール「VQチェッカー」の公開や、「声」に関する意識や実態の調査・取材などの活動も予定している。<モノウォッチ>

J-CASTニュース

「カヤック」をもっと詳しく

「カヤック」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ