ステディジャパン、猿渡歩氏が社外取締役に就任

4月26日(月)12時17分 PR TIMES

ステディジャパンは、経営体制強化及びD2C事業成長を目的として、猿渡歩氏が社外取締役に就任しましたことをお知らせ致します。

自宅フィットネス器具、ボディケア製品を自社開発し、ECを中心としてトップクラスの販売実績を誇るステディジャパン株式会社(所在地:東京都中央区、代表取締役社長CEO:山田祐希、以下ステディ)は、更なる経営体制の強化、D2C事業成長のために、2021年4月9日の取締役会において猿渡歩氏を社外取締役に選任致しました。

猿渡氏はデジタル関連製品関連でD2Cの先駆的かつトップ企業であるアンカー・ジャパン株式会社の日本の事業部門創設より参画し、現在は取締役COO兼アンカー・ストア株式会社の代表取締役CEOとして事業を牽引してきた実績があります。猿渡歩氏の幅広い領域での経験と専門的知見を活かし、経営体制及び事業戦略の強化、またコーポレートミッションである「心身ともに健康かつ自分らしく生きられる社会の実現」を推進して参ります。
[画像1: https://prtimes.jp/i/44477/14/resize/d44477-14-348726-0.jpg ]




猿渡歩氏 就任コメント

ステディとはこれまで経営顧問として関わらせていただいていましたが、この度ステディが新たな成長ステージに進むにあたり、社外取締役として参画させていただくことになりました。自身のこれまでの経験を生かしながら、STEADYブランドの製品を一人でも多く方の手に届けられるよう貢献できたらと考えております。


猿渡歩氏 略歴

Deloitteにてコンサルティング業務やIPO支援に従事後、PEファンド日本産業パートナーズにてプライベート・エクイティ投資業務に携わる。アンカー・ジャパンの事業部門創設より参画し、同部門を統括。参入したほぼ全ての製品カテゴリでオンラインシェア1位を実現し、創業8年目で売上200億円を達成。現在は取締役COO兼アンカー・ストア株式会社の代表取締役CEO。他多くのEC / D2C運営企業の顧問も務める。


フィットネスブランド「STEADY」について


[画像2: https://prtimes.jp/i/44477/14/resize/d44477-14-135704-1.jpg ]

ステディジャパン株式会社 2014年設立。
「心身ともに健康かつ自分らしく生きられる社会の実現」をビジョンに、フィットネス器具の開発・メディア運営をしています。フィットネス好きな弊社メンバーが日々研究しながら、本物志向を虜にする逸品をご提案します。

「STEADY」は、”Slow but steady wins the race”ということわざに由来しています。直訳すると「ゆっくり、だが着実に」つまり「継続は力なり」という意味です。フィットネスはまさにこの言葉がぴったりです。また、Steadyには「決まった恋人」という意味もあります。弊社STEADY製品も、自分らしく輝くあなたに寄り添える、そんな存在でありたいと願っています。

STEADYのロゴは、筋トレの代名詞「逆三角形の体」をモチーフにしているのと、「ゆっくり、だが着実に」努力を積み重ねるイメージでデザインを考えました。
[画像3: https://prtimes.jp/i/44477/14/resize/d44477-14-929537-2.jpg ]

懸垂マシン・フィットネスバイク ・トレーニングチューブ・フォームローラー が、楽天市場、Amazon、Yahoo!ショッピングでカテゴリランキング1位獲得!たくさんのお客様にご愛顧いただいております。


ステディジャパン株式会社(概要)

本社: 〒103-0026東京都中央区日本橋兜町17-2 第6葉山ビル4階
代表者:代表取締役 山田 祐希
設立: 2014年9月
資本金:1,400万円
TEL:03-4540-6531(ステディジャパン カスタマーサポート)
事業内容:フィットネス製品の開発・製造・販売
公式サイト:https://steadyjapan.com/

PR TIMES

「取締役」をもっと詳しく

「取締役」のニュース

「取締役」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ