GW直前・巣籠需要増に備え、安心・安全な低温調理のルールを啓蒙 1月-3月「低温調理レシピPVランキング」トップ10 を発表!「低温調理のルール6つのポイント」が2位を維持

4月26日(月)12時17分 PR TIMES

—最新シリーズ「BONIQ2.0」が過去最速で販売台数1.3万台を突破—

“一家に一台、低温調理を”をモットーに、累計出荷台数が11万台を超える低温調理器「BONIQ(ボニーク)」を提供する株式会社葉山社中(本社:神奈川県三浦郡葉山町、代表取締役:羽田和広、以下葉山社中)が運営する低温調理レシピサイト( https://boniq.jp/recipe/ )の2021年1月1日から3月31日までの月別PVランキングトップ10を発表します。
葉山社中は、2020年12月に低温調理レシピサイトをリニューアル、安心・安全に低温調理をしていただくためのコンテンツ強化や動画レシピ、ユーザビリティを向上した結果、2021年1月は過去最高の再生回数320万PVを達成しました(2021年3月は月間260万PV)。

[画像1: https://prtimes.jp/i/21636/32/resize/d21636-32-376667-0.png ]



「低温調理の基本的なルール」コンテンツがランキング2位。ゴールデンウイーク直前、「安心・安全な低温調理」の重要性を再度PRへ

月間320万PVを超えるほどに成長した、BONIQによる低温調理レシピサイトは、2020年12月にサイトのリニューアルを行い、見やすい導線に変え動画コンテンツの拡充などを行ってきました。「おかげ様でBONIQも累計12万台を超える勢いで売れています。非常に嬉しいことですが、一つだけ懸念がありました。それは食中毒です。コロナ禍で急激に利用者が増えました。よって正しい知識がないまま調理してしまうなどのリスクが増える恐れがありました。そこで、食中毒に関する知識、低温調理に関する基本的な知識や調理中の注意点など、正確に情報発信していく必要があると感じ、年末のリニューアルの時に「低温調理の基本的なルール」のコンテンツを強化したのです」(葉山社中代表・羽田和広)

[画像2: https://prtimes.jp/i/21636/32/resize/d21636-32-759520-2.jpg ]

低温調理の基本的なルール「低温調理のルール6つのポイント」は、食品衛生コンサルタント監修のもと作成されたもので、道具も含めた清潔な環境での調理、新鮮な食材を使うこと、食材を汚染させないための工夫、BONIQが提示する「低温調理 加熱時間基準表」に従い設定温度・時間を守ること、正しい過熱方法、そして調理後保存する場合は急冷するなど6つのルールをまとめたものです。リニューアル以降好評で、ページランキングが1月から3月まで2位を維持しており「初めて低温調理をする方も、普段から低温調理をされている方も、低温調理のルールに関しては非常に関心が高かったようです。定番1位の蒸し鶏レシピに続く人気コンテンツとなりました。間もなくゴールデンウイーク。引き続き利用者へ注意を促し、今後も低温調理に関する最新情報、国が定める食の安心、安全に関する情報を積極的に情報発信していきたいと考えています」(葉山社中代表・羽田和広)

■2021年3月度低温調理レシピサイトPVランキングトップ10
1位:60℃【究極!】史上最強に柔らかい蒸し鶏/https://boniq.jp/recipe/?post_type=recipe&p=4212
2位:低温調理のルール 〜6つのポイント〜/https://tinyurl.com/yzzyvvmj
3位:58℃ ローストビーフ低温調理 塩投入比較/https://boniq.jp/recipe/?post_type=recipe&p=4485
4位:63℃ もっとやわらかしっとり!チャーシュー/https://boniq.jp/recipe/?post_type=recipe&p=7372
5位:【牛もも肉の低温調理レシピ】TOP1-6/https://boniq.jp/recipe/?post_type=recipe&p=20702
6位:63℃ 虜になっちゃう自家製チャーシュー/https://boniq.jp/recipe/?post_type=recipe&p=581
7位:59℃ ローストビーフ マスタードソース/https://boniq.jp/recipe/?post_type=recipe&p=6353
8位:63℃ しっとりローストポーク 3種ソース添え/https://boniq.jp/recipe/?post_type=recipe&p=24
9位:最速で最上級ステーキ!低温調理器の店舗活用法/https://boniq.jp/recipe/?post_type=recipe&p=24070
10位:60℃ 免疫力UP!棒棒鶏 蒸し鶏のゴマだれがけ/https://boniq.jp/recipe/?post_type=recipe&p=22470


コロナ禍の巣籠消費と低温調理レシピサイトの相関性。3回目の緊急事態宣言に過去最高のPV達成の見込み


[画像3: https://prtimes.jp/i/21636/32/resize/d21636-32-366984-1.png ]

葉山社中が2017年5月から運営を開始した低温調理レシピサイトは、低温調理を生活の中に取り入れてほしい、継続的に利用して欲しいという想いから、毎月20本ほどのブログを含むレシピを投稿し続け、現在では総数 716 のレシピ・ブログ(2021年4月24日現在)が掲載されています。ちょうど1年前となる1回目の緊急事態宣言以前は月間80万PV程度だったものの宣言後急減にアクセスが増え、5月時点で266万PV、2回目となる年明け1月の緊急事態宣言時は月間320万PVと急増し、その後も成長し続けています。グラフにある通り、緊急事態宣言期間に低温調理をされる方が明らかに増え、巣籠消費との相関性が顕著に表れています。昨日4月25日から東京都を含む4都市で発令された、3回目の緊急事態宣言期間も今まで同様アクセスが大幅に増えると予想されるため、過去最高のPV数を達成する見込みです。

[画像4: https://prtimes.jp/i/21636/32/resize/d21636-32-598884-3.png ]




BONIQシリーズ最新作、家庭用低温調理器「BONIQ2.0」が累計販売数1.3万台を突破


[画像5: https://prtimes.jp/i/21636/32/resize/d21636-32-785529-4.png ]

2020年9月16日(水)から12月6日(日)にかけて、クラウドファンディング(Makuake)で先行販売を行ったBONIQシリーズ最新作「BONIQ 2.0」(税込み22,000円)は、その後自社サイトにて一般販売を継続、2021年4月5日時点で合計1.3万台を突破、一般販売を開始後、約6千台を突破しました。初号機「BONIQ」(税込み21,780円)、3号機のプロ仕様「BONIQ Pro」(税込32,780円)に比べても最速のペースです。低温調理器の特徴は、絶対温度を保ちながら時間管理ができる点。食材全体に漫勉なく火入れすることで食品衛生面でも安心でさらに食材本来の旨味を味わう事が可能です。

低温調理器「BONIQ 2.0」は、2019年9月にクラウドファンディングで予約販売を開始したプロ仕様のハイスペックモデル「BONIQ Pro(ボニーク プロ)」をベースに開発、2017年に販売した初号機「BONIQ」のバージョンアップモデルです。初号機「BONIQ」と価格はほぼ据え置きで、外装は「BONIQ Pro」のデザインを生かし、材質はアルミからプラスチック樹脂へ、家庭用としては十分な消費電力(最大1000ワット)へ変更しました。スペックの多くを「BONIQ Pro」から引き継いだままコストダウンに成功した、まさに家庭用の定番モデルを目指した低温調理器と言えます。

BONIQシリーズ最新作、低温調理器「BONIQ 2.0」サイト:
https://boniq.store/


BONIQシリーズ最新作「BONIQ 2.0」の製品仕様について


[画像6: https://prtimes.jp/i/21636/32/resize/d21636-32-386628-5.png ]

【小売価格】22,000円(税込)
【定格電力】100ボルト/50-60ヘルツ(1000ワット)
【設定時間】1分〜99時間59分
【製品サイズ】高さ31センチ、幅5センチ、奥行き10センチ(ホルダー含む)
【箱サイズ】縦33センチ、横24センチ、高さ7センチ
【電源コード長】1.5メートル
【温度範囲】5度〜95度(温度誤差:+/- 0.1℃ 冷却機能は有りません。
【湯煎容量】容量5リットル〜15リットル
【製品重量】1キログラム
【wifi接続】2.4GHz(技適マークあり)
【製造国】中国
【使用地域】日本国内専用
【メーカー保証】1年(PSEマークあり)
【アプリ】iOS、android対応
【カラー】2色/ヘイズブラック、ミスティホワイト
【公式サイト】https://boniq.store/


葉山社中会社概要

・会社名称:株式会社 葉山社中 / Hayama-Colony inc.
・代表取締役:羽田和広
・所在地:神奈川県三浦郡葉山町一色1642番地
・設立:平成28年6月21日
・資本金:9,800,000円
・社員数:10名(派遣・アルバイト含む)
・事業内容:
低温調理器「BONIQ(ボニーク)」の製造販売、自社ECサイトの運営
https://boniq.store/
月間360万PVを超えるBONIQレシピサイトの運営(2021年1月現在)
https://boniq.jp/recipe/

PR TIMES

「低温」をもっと詳しく

「低温」のニュース

「低温」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ