「明治安田新宿健診センター」が移転し5月8日(月)よりリニューアルオープン =内視鏡検査の増室など健診環境も大幅刷新=

2023年4月28日(金)10時0分 @Press

一般財団法人 明治安田健康開発財団(本社:渋谷区代々木、理事長:今泉 宏久、以下:当財団)は、健診機能の拡充と効率化を図るべく「明治安田新宿健診センター」(所在地:渋谷区代々木、以下:当センター)を移転し、2023年5月8日(月)よりリニューアルオープンすることをお知らせします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/352436/LL_img_352436_1.jpeg
「明治安田新宿健診センター」5月8日(月)リニューアルオープン

「明治安田新宿健診センター」公式サイト: https://www.my-kenshin.jp/


■リニューアルオープンの背景と施設刷新内容
近年のコロナ禍や内視鏡などの人気健診の予約の取りにくさなどから受診控えをしてしまい、健康診断を実施されない方々は、健康上のリスクを高めてしまう可能性があります。

我が国の人口動態統計(2021年)によると、悪性腫瘍死亡者数は年間約38万人で、胃がんの死亡者数は41,624人と減少傾向にあるもののまだ高い水準にあり、大腸がんは53,418人と増加傾向にあります。一方、胃がん・大腸がんは早期に発見し治療できた場合、5年生存率は95%以上を期待できます。早期発見には内視鏡による検査が確実ですが、内視鏡の設備不足もあり、受診者数・精査率ともにいまだ低い水準にあります。

こうした背景から「受診が遅れ、病気が進行してしまった」という事態にならないよう、当財団では「明治安田新宿健診センター」の移転を機に、施設内の設備およびサービスを大幅に刷新いたしました。

<「明治安田新宿健診センター」刷新内容>
1.広くゆったりとした健診フロア
当センターの移転に伴い、健診センターのフロア面積を拡大し、落ち着いた雰囲気でリラックスして受診いただけるようになりました。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/352436/LL_img_352436_2.jpg
健診フロア(左)と受付エリア

2.内視鏡検査室拡充による予約の取りやすさ
内視鏡検査の希望者数の増加にお応えすべく、検査室を2室から8室へ増室した結果、内視鏡の予約が取りやすくなりました。当センターの内視鏡検査は、日本消化器内視鏡学会指導医・専門医が中心となって実施するとともに、内視鏡機器も最新の高精度・細径スコープを取り揃え、より高精度な検査が行えるようになりました。この結果、より多くの方に受診していただき、早期発見・死亡数低下につなげていきたいと考えています。

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/352436/LL_img_352436_3.jpg
上部消化器内視鏡の最新機器(左)と処置後のリラクゼーションルーム

3.男女のエリア分離による平日毎日受診
男性・女性の健診エリアを分けることで、月曜から金曜まで男女の区別なく毎日健診が可能となりました。土曜検診・午後の人間ドックも引き続きご利用可能です。

画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/352436/LL_img_352436_4.jpg
更衣室(左)とドレッサー

4.女性がん検診の強化
女性特有のがん検診にもさらに力を入れてまいります。婦人科・乳腺の専門医や専門技師による質の高い検診・判定や充実したフォローアップを実施してまいります。

5.医療連携の強化
慈恵医大4附属病院(本院:港区新橋、葛飾医療センター:葛飾区、第三病院:狛江市、柏病院:千葉県柏市)のほか、他大学病院との医療連携を強化します。医療機関への受診指示が出た際に具体的な医療機関がわからない場合には、外来ご希望日に医療機関の紹介予約を行います。


■SDGs、LGBTQへの取り組み
当センターでは、「すべての方に健診を」をモットーに、外国人の方、障がいのある方、LGBTQの方が安心して健診を受けられるよう、日々職員の意識向上と環境整備に努めています。名実ともに「安心と信頼の健診センター」であり続ける努力をしています。

<取り組み内容の例>
・着替えのための多目的スペースや、多目的トイレの設置
・英語、中国語でのサイン表示
・英語での健診ガイドブックの作成
・手話や筆談での対応
・視覚障がい者ガイド(同行援護従事者)の資格取得
・LGBTQの方の不安や迷いに寄り添える施設をめざしたALLY研修会や講演会への参加

取り組みの詳細URL: https://www.my-kenshin.jp/about/service/#section-2


■「明治安田新宿健診センター」施設概要
名称 :明治安田新宿健診センター
所在地 :東京都渋谷区代々木3-22-7 新宿文化クイントビル 12階
オープン日:2023年5月8日(月)
アクセス :地下道(ワンデーストリート)出口O-1隣接
※天候を気にせずお越しいただけます
・新宿駅(新都心出口6)より徒歩約3分(京王新線・新宿線・大江戸線)
・新宿駅(南口)より徒歩約8分(JR・小田急線・京王線)
・都庁前駅(A2出口)より徒歩約6分(大江戸線)

画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/352436/LL_img_352436_5.png
アクセス(5月8日より「新宿文化クイントビル」へ移転)

<予約・お問合せ先>
電話予約: 0570-03-5489(平日9:00〜16:00/土日祝休診日を除く)
WEB予約 : https://www.my-kenshin.jp/reservation/


■今後の展開
明治安田新宿健診センターでは当面、内視鏡について「上部消化器内視鏡検査(胃カメラ)」を中心に運用してまいりますが、将来的には「下部消化管内視鏡検査(大腸カメラ)」も順次開始する予定です。当財団では、今回のリニューアルオープンを機に、地域の皆さまの健康をサポートし、豊かな生活をお送りいただけるよう一層の努力を続けてまいります。


■「明治安田健康増進支援センター」(以下、健康増進支援センター)も移転リニューアル
当財団のもう一つの事業の柱である健康増進支援センターも、2023年4月17日(月)に移転およびリニューアルオープンいたしました。健康増進支援センターでは、運動・食・健康経営等の専門スタッフが知見を活かし、大学や研究機関と連携しながら、これまでに蓄積されたエビデンスをベースとした確かな情報を、皆さまの特性に合わせた健康増進支援プログラムとしてご提供しています。

「健康増進支援センター」公式サイト: https://www.my-health.or.jp/shien/


■団体概要
一般財団法人 明治安田健康開発財団は、明治安田新宿健診センターと健康増進支援センターを運営しております。明治安田新宿健診センターでは、「安心と信頼のかかりつけ人間ドック」として、1975年の設立以来60万人を超える方が受診されている歴史と実績のある健診センターです。健康増進支援センターでは、専門職のノウハウを活かした健康増進支援プログラムの開発・提供・普及活動による健康づくりのサポートを行っています。

名称 : 一般財団法人 明治安田健康開発財団
代表者 : 理事長 今泉 宏久
所在地 : 東京都渋谷区代々木3-22-7
設立 : 2016年12月1日
基本財産 : 300万円
事業内容 : ・健康増進を目的とする健康診断の実施
・公衆衛生の向上に資する調査研究及び知見の普及啓発
・一般の健康増進に資する調査及び研究を実施している団体への支援
・健康保持・増進を推進する団体への支援
・その他この法人の目的を達成するために必要な事業
公式サイト: https://www.my-health.or.jp/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

「明治安田」をもっと詳しく

「明治安田」のニュース

「明治安田」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ