「家庭用手袋」が高機能化、赤ちゃんのお風呂用やシャンパンカラーがオシャレな逸品も

4月28日(日)14時0分 MONEYzine

 キッチンやお風呂場など水周りの作業で活躍する手袋だが、最近はさらに機能性やデザイン性を高めた一品が登場している。


 家庭内の水仕事で使う手袋は、季節を問わず使用するもの。そんな毎日の暮らしに欠かせない家庭用の手袋の中で、機能性やデザイン性を高めた商品がある。


 バス用ボディ洗い手袋「チュチュ パパあらって なめらかタッチ(540円・税込)」は、赤ちゃんのいる家庭のパパたちに向けた商品。見た目は軍手風の5本指だが、生地は空気を含ませて糸をより合わせた特殊加工となっており、肌触りは抜群。もちもちした感触は水を含ませればさらにアップする。5本指なので小さな赤ちゃんの身体もしっかりと洗える。販売するのはジェクス(本社:大阪府大阪市)。商品名はパパとなっているが、もちろんママにもおすすめの一品だ。


素手感覚ですみずみまで洗えるお風呂用てぶくろ

「パパあらって なめらかタッチ」


 幅広い用途で活用できるのは、グッズマン(本社:京都府京都市)のブラシ一体型手袋の「モノコト マジックグローブ」。シリコーン素材で価格は1,944円(税込、1組)。手のひら部分は指先までブラシ状になっているのが特徴で、防水や防油、耐熱、耐久、柔軟性に優れている。水仕事なら食器・食材洗いから洗車や浴室の掃除まで使える。さらに、鍋つかみや衣類のゴミ取りのほか、ペットのグルーミングにも使える一品となっている。


プリマバレリーナをイメージして作られた、気品と華やかさのある「ファミリー プリマ」


 食器洗い用のビニール手袋「ファミリー プリマ(オープン価格、実勢価格は278円・税込)」は、エステー(本社:東京都新宿区)がバレエ団の最高位「プリマバレリーナ」の躍動感や上質感をイメージして開発されただけに、高級感も感じさせる。「パールロゼ」と「シャンパンゴールド」という、あまり手袋では見ることのできる独特の色が目に留まる。機能面では、汗をかいても着脱がスムーズな手袋内側の加工や、手のひら全体に滑り止め加工がなされているなど、使い勝手も考慮されている。軽やかな気分で水仕事ができそうだ。


加藤 秀行[著]、阪神 裕平[著]


【関連記事】

素足に気持ちいい「サンダル」、クロックスの新商品や雪駄の進化版など

ポケモンは大人になっても楽しみたい、「たまごっち」やピカチュウと一緒の結婚式も

赤ちゃん用粉ミルクの適温チェックアイテム、哺乳びんやシールの色が変化してお知らせ

MONEYzine

「赤ちゃん」をもっと詳しく

「赤ちゃん」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ