スマホひとつでマーダーミステリーが楽しめる音声通話アプリ「ウズ」が正式リリース!

4月28日(水)14時47分 PR TIMES

ベータ版リリース以来、毎週新作を公開中。現在45シナリオ

株式会社Sally(本社:東京都文京区)は、会話型推理ゲーム「マーダーミステリー」をスマホひとつで楽しめるアプリ「ウズ」を2021年4月27日に正式リリースすることをお知らせします。
サービスURL:https://uzu-app.com

[画像1: https://prtimes.jp/i/59942/1/resize/d59942-1-706214-0.png ]


■マーダーミステリーとは
何らかの事件が発生し、そこに居合わせた登場人物として犯人をみつける会話型推理ゲームです。犯人役は逃げ切ることが、犯人役以外は犯人を拘束することが目的です。

「閉ざされた山荘」、「剣と魔法の世界」、「中世ヨーロッパ」、「終末世界」など、様々な場面設定のシナリオが存在します。一度遊ぶと全ての謎が解けてしまうため、あるシナリオを遊べるのは一生に一度だけという特徴があります。

■マーダーミステリーアプリ「ウズ」とは
ウズはスマホ1つで手軽にマーダーミステリーを楽しめる、通話機能つきのモバイルアプリです。マーダーミステリーで遊ぶ方法としては専門店でプレイしたりオンラインセッションツールを活用しプレイする方法が一般的ですが、ウズは1アプリだけで完結する、最も手軽なマーダーミステリー体験を提供します。
ゲームの進行を行うGM(ゲームマスター)の役割をアプリが行うので、プレイヤーさえ揃えばすぐに遊ぶことができます。
プレイヤー募集、アプリ内通話、ゲームの自動進行や得点計算など、マーダーミステリーを楽しむために必要な機能を搭載しており、このアプリ1つでマーダーミステリーが完結します。


2人〜5人プレイのシナリオを掲載しており、プレイ時間は30分〜3時間とお気軽にお楽しみいただけます。
App Store:https://apps.apple.com/jp/app/id1529068001
Google Play:https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.sally_inc.uzu



使い方記事:https://note.com/uzuapp/n/n54e635044560

■今後はオリジナルシナリオを拡充
ウズではこれまでに公開してきた45シナリオに加え、著名な作家陣による新作を続々公開して参ります。今後ウズにて新作を公開予定の作家様方によるコメントをご紹介させていただきます。

・小田ヨシキ(アナログゲーム制作サークルグループSGR代表)
過去執筆作品:『鬼哭館の殺人事件』(グローバルマーダーミステリー大賞2020にて大賞を受賞)

「GMが必要であったり、ゲームごとに違うルールであったり、マーダーミステリーを遊ぶ場合、いくつか敷居を高く感じる部分がありました。しかし、それらを全てクリアしたウズは大変快適で、これからマーダーミステリーを始めてみたいという方に是非オススメです!また、今回の新作は、江戸時代を舞台にした和風マダミスです。お楽しみに!」

・中村誠(ゲームデザイナー)
過去執筆作品:『魔女の聖餐式』『最後の晩餐の殺人』『ゲームマーケット2020大阪殺人事件』『死ねない彼と死なない彼女』『京都異世界ツアー』

「はじめてウズで『Smoker's Panic』を遊んだとき、操作性のよさに驚きました。そんなウズのよさを活かしつつ、得意なギミックを仕込んだ新作を製作しています。ウズで体験できる新しい悪夢を、楽しみに待っててください。」

・りにょり(ボードゲーム制作サークル「いかが屋」代表)
過去執筆作品:『2049年からの行き先』『事件はボードゲームカフェで』

「マーダーミステリーは一度しか遊べない作品なので、どこで・どうやって体験するか?という事が非常に重要ですが、ウズはそういった一度だけの体験を十分にサポートしてくれます。ウズならではの作品をご用意しましたので、お楽しみに!」

・住吉美紅(インプロ劇団Platform主宰)
過去執筆作品:『その探偵の名』『七股高校』『千秋楽の殺人』『彼女といるかとチョコレート』『プラフォレース』『カレマロ』『クラファン30万事件』

「住吉の作品を遊びたいけど、周りがプレイ済みだったり、知り合いにマダミス好きがいなかったりというご相談を受け、一緒に悩んでいた日々もあったのですが今は『ウズがあるよ』と言えています。遊び友達の選択肢が無限に広がる素晴らしいアプリです!」

【おすすめシナリオを3つ紹介!】
すでに公開している45作品の中から、3つのシナリオをご紹介させていただきます。

・少人数、短時間で遊んでみたい
→『3人の刑事と3つの事件』
プレイ人数: 3人
プレイ時間: 40分
作者: Deco

平和な町で3件の殺人事件が起きた。
3人の担当刑事たちが署内の一室に集められる。
事件には類似点があり、単独で追うより協力した方がいいとの上の考えだ。
担当刑事たちはそれぞれの秘密を抱えながら、事件解決のための話し合いを始める。
[画像2: https://prtimes.jp/i/59942/1/resize/d59942-1-342203-1.png ]


・ファンタジーの世界で推理してみたい
→『ガーディアンズ・ミトロジア』
プレイ人数: 5名
プレイ時間: 140分
作者: えこ
ゲームデザイン: ユート

それはまだ、神々や精霊と、人間が共存していた頃の世界。
神は「世界の守護者」としての能力を魂の強い人間へと授け、彼らは「ガーディアン」として人間を悪から守るため、そして人間の豊かな暮らしのために、日々大いなる邪悪と闘いの日々を繰り広げていた。
だが、ある日ガーディアンであるゼクスが殺された。しかも、同じガーディアンにだ。
[画像3: https://prtimes.jp/i/59942/1/resize/d59942-1-445659-2.png ]



・動物になりきって推理してみたい
→『ペットは何も喋らない』
プレイ人数: 5名
プレイ時間: 105分
作者: 間宮さやか

あなた達はとある飼い主の元に暮らす5匹のペットだ。そして今、大きな問題に直面している。5匹のうち誰かが壊したオルゴールは、飼い主にとってかけがえのない宝物だったらしい。壊した者は確信する。バレたらもうここにはいられない……きっと自分は捨てられてしまう。
誰がオルゴールを壊したのか? あなたの選択が、ある者の運命を大きく変える……。
[画像4: https://prtimes.jp/i/59942/1/resize/d59942-1-422093-3.png ]



マーダーミステリーは昨年末から現在にかけて民放でのドラマ放映や舞台での公演、著名IPとのコラボなどのニュースが話題を集め、大きな盛り上がりを見せていますが、弊社で行った知名度調査によれば知名度は数%程度しかない状況でした。私たちはまず手軽にマーダーミステリーを楽しめる状況をつくり、このエンターテイメントを日本中、世界中の皆様へ着実に届けて参ります。

【会社情報】
会社名:株式会社Sally
所在地:東京都文京区本郷2丁目40ー13本郷コーポレイション1004号室
代表者:代表取締役 平石英太郎
電話番号:03-6822-3798
メール:info@sally-inc.jp

PR TIMES

「スマホ」をもっと詳しく

「スマホ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ