クロスキャット、新ブランド「CC-Dash」を立ち上げてDX推進支援サービスを強化

4月28日(水)14時47分 PR TIMES

(シー・シー・ダッシュ/CC-Digital activation service hub)

 株式会社クロスキャット(https://www.xcat.co.jp/)は、DX推進支援サービスの強化を目的に、新ブランド「CC-Dash」※(シー・シー・ダッシュ/CC-Digital activation service hub)を立ち上げまます。※「CC-Dash」商標登録申請中

 「CC-Dash」は、これまで当社がBIビジネスで培った知見やノウハウを最大限に活用した新たなBIソリューションサービスです。お客様がDXを推進する際に直面する『どこから手をつけてよいか分からない』、『データの活用方法が分からない』などの課題に対し、当社独自のフレームワーク「DXについて理解する・情報を集める・分析する・活用する」から最適なプランを提供してサポートします。
 なお、サービス内容、価格体系、提供開始時期などにつきましては、詳細が確定次第、お知らせいたします。
■「CC-Dash」立ち上げの経緯
クロスキャットでは、急速に進展するデジタルシフトやDXニーズの高まりに対応するため、2020年にDX事業部を設立し、当社の強みであるBIソリューションサービスを中心に、お客様のDX推進をサポートしています。最近では、データ利活用ビジネスのさらなる拡大を目的に、AIなどを活用したDX推進サービス事業を展開する株式会社STANDARD社と業務提携を行いました。この提携により、これまで当社が蓄積してきた勤怠データにおける知見、BIビジネスによるデータ分析ノウハウの強みを活かし、お客様のDX推進を統合的に支援するノウハウ提供が可能となったことから、新たなソリューションサービスとして「CC-Dash」を立ち上げることといたしました。
■「CC-Dash」主なサービス概要
(1)DX推進で課題を抱えているユーザー企業向けのDXリテラシー向上講座の開催、DX推進課題の抽出、解決策の策定支援(2)勤怠データ等と社内の各種データの組み合わせによる課題抽出および解決支援(3)お客様が既に導入しているBI環境における利活用状況分析およびアドバイス

PR TIMES

「ブランド」をもっと詳しく

「ブランド」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ