米国が戦慄、ロシア新型水中兵器の恐るべき攻撃方法

5月2日(木)6時0分 JBpress

モスクワで国際投資フォーラムに出席したウラジーミル・プーチン大統領(2018年11月28日撮影、資料写真)。(c)Pavel Golovkin / POOL / AFP〔AFPBB News〕

(北村 淳:軍事アナリスト)

 昨年(2018年)3月1日にロシアのプーチン大統領が施政方針演説で明言した新型戦略兵器(極めて深い海の中を、極めて高速で、大陸間の距離を移動する核兵器)を搭載する“特殊目的”原子力潜水艦「ベルゴロド」が、2019年4月23日、ロシアの白海に面したセヴェロヴィンスクのセヴマシュ造船所で進水した。


世界最長の潜水艦が誕生

 ベルゴロドの全長は184メートルで、かつてロシア海軍が誇ったタイフーン型戦略原潜(全長175メートル)や米海軍のオハイオ級戦略原潜(全長171メートル)を凌駕する世界最長の潜水艦が誕生したことになる(海上自衛隊の「そうりゅう型」潜水艦の全長は84メートルである。ちなみに「ひゅうが型」ヘリコプター空母の全長は197メートルである)。

 原子炉の試運転をはじめとする造船所内でのテストは本年(2019年)中に完了し、2020年には海洋公験が実施され、2020年末までにはロシア海軍が受領する予定となっている。

 この潜水艦は1992年に造船計画がスタートした。その後、資金難などで中止されたり再開されたりしながらも計画は綿々と続き、2012年に「世界中の海洋に展開しての研究を目的とする」大型潜水艦として計画が再開された。

 しかしながら、その誕生が近づくにつれ、この原潜は研究目的用というよりは特殊目的用であり、その特殊目的の恐るべき内容も明らかになってきた(とりわけ二度にわたる原爆攻撃を受け、東日本大震災では巨大津波による未曾有の被害を被った日本にとっては驚愕の内容である)。


スーパー兵器「ポセイドン」の性能

 ベルゴロドは、プーチン大統領が述べた“スーパー兵器”を積載して、その母艦としての役割を果たす潜水艦となる。

 その新型戦略兵器は「ポセイドン」(Посейдон、NATOではKanyonと命名)と呼ばれている。ポセイドンは核弾頭(最小でも2メガトン、米軍が長崎攻撃に使用した原爆のおよそ100倍の爆発威力)あるいは高性能爆薬弾頭を搭載した水中ドローン(無人機)である。

 その水中機動能力にはいかなる潜水艦、水上戦闘艦といえども太刀打ちすることはできない。なぜならば、原子力推進のポセイドンの最大潜航深度は1000メートル、最高潜航速度は時速200キロメートル、そして無限に航行可能であるため、プーチン大統領が上記施政方針演説で述べたように、あらゆる潜水艦や水上戦闘艦をも凌駕する性能を持っているからだ。

 そして、いかなる最新鋭魚雷も、超高速で海中を突き進むポセイドンを撃破することは極めて困難である。水中ドローンであるポセイドンは、あらかじめプログラミングされた針路に従って攻撃目標に接近するが、敵の妨害や障害物などを探知して自律的に回避行動をとりつつ高速潜航することができる。


驚愕の攻撃方法、「核津波」攻撃

 アメリカ海軍関係者の間では、核弾頭が搭載されたポセイドンが米海軍原潜基地や米海軍軍港などに突入してきて、それらの巨大施設を一気に吹き飛ばされかねない、といった警戒の念が抱かれていた。しかし、そのような単純な攻撃方法ではなく、より強力かつ恐るべき攻撃方法が危惧されている。それは「核津波」攻撃である。

 すなわち、核弾頭を搭載したポセイドンが敵の軍港や主要都市など攻撃目標の沖合に到達すると、その深海域で核爆発を起こす。すると、その爆発エネルギーによって巨大な「核津波」が発生して、攻撃目標である軍港や都市などの周辺一帯を巨大津波が襲うのである。巨大津波の恐ろしさは、東日本大震災などの経験から、世界中の人々が熟知している通りだ。

 核弾頭ではなく非核高性能爆薬弾頭を搭載したポセイドンが、従来の魚雷のように航空母艦や強襲揚陸艦などの大型(かつ超高価な)水上艦の攻撃に投入される可能性もある。

 ポセイドンの製造コストは高額(どの程度の数量が生み出されるかにもよるが)にのぼるが、これまでの兵器によって空母を撃破する場合よりも、コストパフォーマンスは格段に高いものと考えることができる。これまでの兵器を使った攻撃だと、大量のミサイルや誘導爆弾や魚雷を必要とするし、攻撃側の艦艇や航空機が大きな損害を被る可能性も大きい。


アメリカを脅かす新機軸の戦略兵器

 これまでの戦略兵器の代表格であるICBM(核弾頭搭載大陸間弾道ミサイル)や、現在ロシアや中国が完成域に近づけている極超音速グライダーなどは、発射してから数十分以内にはアメリカ本土内の攻撃目標に到達することになる。

 一方、ポセイドンは、いくら最高潜航速度が潜水艦や魚雷とは比較にならないほど超高速の時速200キロメートルを叩き出すといっても、ベルゴロドが発射する位置にもよるが、おそらく数日はかかるものと考えられる。しかしながら、そのように到達時間がかかっても、深海を高速で突き進むポセイドンが捕捉されることは困難であるし、攻撃されることはさらに困難である。

 アメリカは、ロシアや中国との核均衡状態を崩して核戦略上優位に立つために、ICBM攻撃からアメリカを守り抜く弾道ミサイル防衛システムを、日本をはじめとする同盟従属諸国を巻き込んで開発し、配備を進めている。そのため、アメリカが核均衡状態から一歩抜きん出て、ロシアや中国に対して核戦略上の優位を手にしつつあるかに見えていた。

 しかし、新機軸の戦略兵器であるポセイドンは、アメリカの強みである弾道ミサイル防衛システムとは無縁の対米核攻撃手段である。そのため、アメリカが手にしつつある上記の核戦略的優位に風穴をあけるきっかけになりかねない。

 これまでのところ、米海軍は攻撃兵器を搭載した水中ドローンを開発しているが、ポセイドンに匹敵するようなスーパー水中ドローンの開発は行っていない。また、米軍は現在保有している各種核兵器の近代化には着手しているものの、核兵器を搭載した戦略ドローンの開発も行ってはいない。

 今後、アメリカがポセイドンに対抗するためのセンサーや兵器の開発を開始することは確実であるが、もしポセイドンを探知し撃破するシステムが開発された場合でも、「ポセイドンによる攻撃の可能性」はアメリカ社会にパニックを引き起こし、アメリカ政府・軍当局を麻痺させることになる強力な手段となりうるのである。

筆者:北村 淳

JBpress

「ロシア」をもっと詳しく

「ロシア」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ