52歳、一人暮らし。病気で今の仕事を続けられず転職を考えています。月収10万円で生活は難しいでしょうか

2024年5月5日(日)18時30分 All About

みなさんから寄せられたさまざまな疑問や悩みに、ファイナンシャルプランナーの深野康彦さんが答えてくださいました。今回は、50代シングル女性からの相談です。

写真を拡大

みなさんから寄せられたお金に関するさまざまな疑問や悩みに、ファイナンシャルプランナーの深野康彦さんが答えてくださいました。
今回は、現在の仕事を続けることが難しくなり、50代で転職を考えている女性からの相談です。

Q. 病気で今の仕事を続けられなくなりました。非正規で月10万円の収入を目指し、生活するのは難しいでしょうか?

「52歳シングル女性です。建築士として働いていますが、病気で今の仕事を続けることが難しくなったため、全く違う業界へ転職しようと考えています。年齢的に正社員の転職は難しいので、非正規雇用として週4日程度働き、月10万円程度の収入を目指していますが、見込みがあまいでしょうか? 生活費以外に準備しておくべき支出等があれば教えてください」(りんごのかみさん/女性/52歳/正社員)
<金融資産>現預金2100万円/投資信託3300万円

A. 「資産も十分にあるので過度に心配せず、まずは健康第一にした生活を」(深野さん)

今まで本当によく頑張ってこられたと思います。やはり健康第一ですから、病気で仕事を続けるのが難しいのであれば今すぐ辞めて、全く違う業界に転職しても構わないと思います。正社員で何年勤めていらっしゃるかにもよりますが、ご年齢から考えると失業給付を少なくとも半年ぐらいもらえるはずです。その間はゆっくり過ごしながら、今後について考えるというのでもよいのではないでしょうか。
現在、5400万円の資産があって、年金をもらうまでは13年間あります。どのくらい金融資産を取り崩すかにもよりますが、例えば毎年100万円ずつ取り崩したとしても、65歳の時点で4100万円残ります。
仮に手取りが月10万円くらいになるように働いた場合、年間120万円。貯金から年100万円を取り崩して合わせると、220万円になります。そうすると、使える額は月々17万〜18万円ぐらいになります。ご相談者の生活費がどのくらいかにもよりますが、一人暮らしであれば大体生活ができるのではないでしょうか。
ちなみにですが、65歳以降の高齢単身世帯でいうと、大体1人当たりの生活費は月15万円くらいになります。あくまでも平均ではありますが、生活費の一つの目安にしておくとよいかもしれません。
そして、生活費以外に準備しておくべき支出についてですが、今は非正規であっても厚生年金や健康保険に入れますので、生活費以外に準備していく支出は特にないと思います。逆に、それらに加入できないのであれば、自分で健康保険や年金の保険料を負担しなければなりません。
その場合、国民年金だけで大体年間20万円ぐらい。健康保険も併せてとなれば、年間30万円くらいかかります。月額にすると2万5000円くらいの支出になることを、頭に入れておくとよいのではないでしょうか。
あとは、老後のお金が過度に心配だからと残しても、使えなかったら意味がありません。これまで頑張ってこられたのですから、少しくらい今の楽しみに使ってもよいのではないでしょうか。過度に心配せず、まずは体をゆっくり休めてください。
教えてくれたのは……深野 康彦さん
マネープランクリニックでもおなじみのベテランFPの1人。さまざまなメディアを通じて、家計管理の方法や投資の啓蒙などお金周り全般に関する情報を発信しています。All About貯蓄・投資信託ガイドとしても活躍中。
(文:All About 編集部)

All About

「仕事」をもっと詳しく

「仕事」のニュース

「仕事」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ