元手タダ“家ゴミ→お宝化”計画(23)そのボールペンが売れる!?

5月5日(日)10時0分 アサ芸Biz

ボールペン450450

写真を拡大

「200円のボールペンが20万円に化けた」と話題になっているのが、「ハイテックC」(PILOT)のうすずみ。アマゾンのマーケットプレイスにおいて、この新品が21万〜23万円で出品されているのだ。うすずみ色だけが、約3年前に販売を終了したらしい。

「確かに愛用者が多いボールペンで、ゲルインクの細字では先駆者。インクのカラーが豊富なのも魅力です。『うすずみ』は他メーカーにはない発色で、目に優しいと評判でした」

 こう話すのは、グウタラを地でいく編集部員I。ヤツは無類の文房具マニアなのだ。これだけ高値になるなら、先に教えてくれればいいものを、何を偉そうに語っているのか。投資目的でまとめ買いもできたというのに‥‥。

「本当に20万円の価値があるか、はなはだ疑問ですよ。実際に20万円で売れ残っているじゃないですか。文房具マニアを愚弄する行為。こういう高値転売目的のヤカラには“文房具愛”がないから困ったものです」

 Iによれば、先頃もターコイズブルーを限定色として発売されたボールペンの買い占めがあって、直後に転売が始まったという。この限定色が11月には定番化されて、転売屋が駆逐されたのだとか…‥。ん? 最近、Iが多用しているペンはターコイズブルーでは?

「僕は転売目的で買い占めたわけじゃなくて、この色が気に入っただけで‥‥」

 我が家に余っているボールペンにも、マニア垂涎の品があるかもしれない。

アサ芸Biz

「ボールペン」をもっと詳しく

「ボールペン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ