日本のファクトリーブランド「BIRDY.」開発者の横山哲也が Newsweek日本版「世界が尊敬する日本人100」で選出されました!

5月7日(火)17時40分 PR TIMES

1951年創業、愛知県豊田市で半世紀以上にわたり自動車部品を作り続けている町工場から生まれたファクトリーブランド「BIRDY.(バーディ)」(横山興業株式会社/代表取締役 横山 栄介)は、Newsweek日本版(4月23日発売)の特集「世界が尊敬する日本人100」で、BIRDY.開発者の横山哲也がそのひとりとして選出されましたことをご報告いたします。

[画像1: https://prtimes.jp/i/33397/3/resize/d33397-3-488240-0.jpg ]



10年ぶりに企画された同特集では、お笑い芸人からノーベル賞学者まで、誰もが知るスターから知られざる「その道の達人」まで、文化と言葉の壁を越えて輝くいま注目すべき天才・異才・奇才100人を取り上げています。そのなかの“学者から役者まで、世界が驚いた日本人”のひとりとして選ばれています。

「BIRDY.」は2013年、自社技術を活かした独自製品の開発からはじまりました。長年培った金型用の研磨技術を転用して、カクテルシェーカーを開発。攪拌効率を高める流線型のフォルム、内側に施された0.1ミクロレベルの精密研磨により、素材本来の繊細な風味を引き出して立体的な味わいに仕上げる今までにない製品を完成させました。以来、カクテルツールのラインナップを広げ、現在では国内と海外17の国と地域で展開されています。また昨年11月にはブランド設立5周年を迎えました。

横山哲也は今回の選出について、「自動車業界を始め日本のものづくりが転換期を迎えるなか、長年培ってきた技術をもとに開発したカクテルシェーカーが、世界中のバーテンダーから評価をいただいた結果だと考えています。製造だけでなくユーザーも含めBIRDY.に関わる全ての方々で勝ち取った栄冠です。この栄誉に奢ることなく、これからも精進していきます。」とコメントしています。

BIRDY.は今後も、半世紀以上にわたり培ってきた職人技術を背景に、日本製にこだわり、ライフスタイルを豊かにする高機能なプロダクトを探求し続けていきます。


【BIRDY. カクテルシェーカー 商品概要】

研磨・デザインの両面から、理想のなめらかさを追求。
素材本来の繊細な風味を引き出し、立体的な味わいに仕上がるカクテルシェーカーです。

従来のシェーカーの多くは内部が縦方向に磨かれていますが、BIRDY.のシェーカーはシェイキングに合わせて縦方向に研磨。運動エネルギーがロスなく内部に伝わるため、より調和のとれた一杯となります。また、高度な技術を持つ職人が、0.1ミクロンレベルまで精密に研磨をして凹凸を残すことで、よりきめ細やかな気泡を作り出してまろやかな口当たりを実現しています。さらに、ラグビーボールのような攪拌効率の高い球体フォルムは、空間の中でスムーズに液体が混ざり合い、氷の溶け出しが少なく、奥行きのある味わいへと導きます。

商品名
◆CS350 カクテルシェーカー
寸法:φ78 mm × 172 mm /容量:350 ml /重量:245 g/材質:18-8 /定価:9,800円(税抜)

◆CS500 カクテルシェーカー
寸法:φ84 mm × 192 mm /容量:500 ml /重量:300 g/材質:18-8 /定価:¥10,400(税抜)

[画像2: https://prtimes.jp/i/33397/3/resize/d33397-3-594757-1.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/33397/3/resize/d33397-3-455701-2.jpg ]



◼ 「BIRDY.」について

自動車産業で盛んな愛知県豊田市に工場を構える横山興業が、熟練の職人による独自の研磨技術を背景に、2013年にバーテンダー向けのカクテルツールを中心としたファクトリーブランドとして誕生。
現在はカクテルライン『BIRDY. By Erik Lorincz』として、英国サヴォイホテル「アメリカン・バー」の元ヘッドバーテンダーで世界チャンピオンのエリック・ロリンツを共同開発者に迎え、商品の開発を行っています。
2016年、新たにテーブルウェアのライン『BIRDY. TABLE』(バーディ テーブル)をスタート。タンブラーに続いて、画期的なステンレス製のデキャンタ「Birdyデキャンタ」を発売。
2018年、“良質なる消耗品”をテーマにした3つめのライン『BIRDY.SUPPLY』(バーディ サプライ)を展開し、「Birdyグラスタオル」と「Birdyキッチンタオル」は発売から約半年で売り上げ累計1万枚を達成。


[画像4: https://prtimes.jp/i/33397/3/resize/d33397-3-890774-4.jpg ]

[画像5: https://prtimes.jp/i/33397/3/resize/d33397-3-306442-5.jpg ]



■ ブランド名について

ブランド名は、ゴルフ用語の「バーディ」に由来。水準を意味する「パー」よりもひと段階良いものを作るというブランド哲学を表しています。また、ブランドを特徴づける研磨技術やシンプルにそぎ落とされたデザインは要素をマイナスすることにより商品の付加価値を高めており、打数がマイナスになるほど価値が高まるゴルフの考え方とマッチしている、というふたつの理由から名づけられています。

BIRDY. 公式サイト http://birdy-j.com/
BIRDY. オンライショップ http://www.birdy.shop/

PR TIMES

「世界」をもっと詳しく

「世界」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ