広告配信プラットフォーム「UNIVERSE Ads」の機能拡充により、コネクテッドTVへのターゲティング広告配信が可能に~ Web広告配信との相乗効果で、より効果的なマーケティングが可能に ~

2024年5月7日(火)10時46分 PR TIMES

 株式会社マイクロアド(本社:東京都渋谷区、代表取締役 社長執行役員:渡辺健太郎、以下マイクロアド)の提供する広告配信プラットフォーム「UNIVERSE Ads」の機能拡充により、コネクテッドTV(以下、CTV)(※1)へのターゲティング広告配信が可能になりました。
 これにより広告主は、UNIVERSE Adsが接続する3,500万MUB(※2)に及ぶCTVの配信面に対し、データプラットフォーム「UNIVERSE」の保有データを活用したターゲティング広告配信が可能になります。

[画像: https://prtimes.jp/i/64055/142/resize/d64055-142-40975554005ed014f1b3-0.png ]

 2023年の動画広告市場は、昨年対比112%の6,253億円に到達し、2027年には1兆228億円に達する見込みです。CTV向け動画広告の需要は、昨年対比137%となる740億円と、市場全体の成長をけん引する高い成長を遂げています(※3)。

 UNIVERSEは、国内大手テレビメーカーが利用者の同意を得た上で取得するCTVの視聴データや、ライフスタイル系のデータなど、約210のパートナー企業やメディアから多種多様なデータ提供を受けております。連携する各種データを、独自開発のデータ収集基盤によって統合的に集積・分析し、さまざまな業界業種に特化したデータプロダクトを提供しております。

 この度、UNIVERSE Adsが接続する3,500万MUBに及ぶCTVの広告配信面に対し、UNIVERSEの保有データを活用したターゲティング広告配信を開始いたします。これにより、テレビの視聴データやライフスタイル系を中心としたメディアデータと、多様なセグメントを掛け合わせ、導き出したユーザーを捉えたCTV面への広告配信が可能になります。

 市区町村単位でのエリア指定に加え、テレビの視聴時間が短い傾向にある若年層や、自社のテレビCMを未視聴のユーザーに対して、CTV上でアプローチが可能となります。さらにCTVで広告を配信したユーザーに対し、Web上でも広告を訴求することで、認知率や商品理解度の促進が可能になり、CTVとの相乗効果が見込めます。

 複数面に広告を配信することで、CTVとWebの広告配信面を比較したブランドリフト調査も実施可能です。


■「UNIVERSE Ads」CTV面へのターゲティング広告配信の特徴

1. CTV面へのターゲティング広告配信
 約3,500万MUBに及ぶCTVの広告配信面に対し、UNIVERSEのもつテレビ視聴データやライフスタイル系のメディアデータを活用したターゲティング広告配信が可能です。

2. 多様な広告配信のセグメント設定
 特定のテレビ番組・CMの視聴ユーザー、曜日、視聴時間帯のほか、テレビを高頻度で視聴者している層(ハイテレ層)、あまり視聴してない層(ローテレ層)など、視聴時間ごとにセグメント設定をすることが可能です。また市区町村単位でのエリア指定も可能です。

3.ブランドリフト調査
 CTV・Webと、複数面に広告を配信することで、広告接触後のユーザーの商品の認知率や理解度の変化を測定することが可能です。


 マイクロアドは、今後も企業における課題に対し、UNIVERSEの保有する多種多様なデータと、テレビの視聴データを掛け合わせた、精度の高いマーケティングサービスをご提供いたします。


※1)動画配信サービスなどを視聴することができる、インターネット回線に接続されたテレビ及びスマートフォンなどのデバイス
※2)MUB/Monthly Unique Browsersの略、月間ユニークブラウザ数
※3)サイバーエージェント、2023年国内動画広告の市場調査


株式会社マイクロアド 概要
社名    株式会社マイクロアド
代表者   代表取締役 社長執行役員:渡辺健太郎
本社所在地 東京都渋谷区桜丘町20-1 渋谷インフォスタワー13F
事業内容   データプラットフォーム事業
URL     http://www.microad.co.jp/

PR TIMES

「広告」をもっと詳しく

「広告」のニュース

「広告」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ