セクハラを受け休職中の女性、会社に猛クレームの夫が知らない真相

5月8日(火)6時0分 ダイヤモンドオンライン

職場での恋愛関係がもつれて、セクハラ問題となるケースは少なくない。ちょっとした火遊びのつもりが、大変な問題に発展していくことも!(写真はイメージです)

写真を拡大


休職していた女性社員の復帰間際に、その夫から人事部長へ1本の電話がかかってきた。実は女性社員は上司の課長と地方出張した際にセクハラ行為を受け、それが原因でメンタル不調を起こし休職に至ったという。課長の処分も含め、会社はどう責任を取るのかと詰問された人事部長が困り果てていたところ、今度は課長の妻から「お話ししたいことがある」と連絡が…。(特定社会保険労務士 石川弘子)



R社概要

創業25年のIT関連会社。上場企業の子会社で、従業員数は300名程度。東京と名古屋に事業所がある。大手の子会社ということで、業績は安定している。

登場人物

佐々木まみこ:30代前半の女性社員で宮本課長と同期入社。結婚しているが、子どもはいない。現在はメンタル不調で休職中。

宮本課長:まみこと同じチームで働く30代前半の社員。ゆみの夫で、ノリがよく、部下の人気者。

宮本ゆみ:30代後半の女性社員。仕事ができると評判上々。宮本課長と社内結婚をしている姉さん女房。真面目でまっすぐな性格。

井上部長:親会社から出向してきた50代前半の人事部長。穏やかな性格。

妻がセクハラに遭っていた!

夫からの申告で事件発覚


「そちらでお世話になっている佐々木まみこの夫です。妻の休職期間があと1ヵ月ちょっとで切れると思うのですが、人事の方に折り入ってお話ししたいことがあります」





続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)

ダイヤモンドオンライン

「セクハラ」をもっと詳しく

「セクハラ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ