爆笑問題・太田光さん書き下ろし作品を収録シリーズ累計20万部を突破した『54字の物語』最新刊を発売

5月9日(木)11時0分 @Press

株式会社PHP研究所(京都市南区・代表取締役社長 清水卓智)は、2019年4月25日に『54字の物語 参』(氏田雄介編著/武田侑大絵)を発売しました。多くのメディアで紹介された『54字の物語』、怖くて奇妙な『54字の物語 怪』に続く、超短編小説シリーズ第3弾。シリーズ累計発行部数は20万部を突破しました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/183479/img_183479_1.jpg
『54字の物語 参』表紙


■ 大物芸人も創作意欲をそそられた「54字」しばり
最新刊のタイトルにある「参」は、「シリーズ3作目×参加型」を意味しています。氏田雄介さんが書き下ろした新作とともに、ゲスト作家から読者まで、さまざまな書き手による作品を収録しているのが『54字の物語 参』の特徴です。作家としても評価されている、爆笑問題太田光さんの手による「54字の物語」が収録され、帯には推薦文が掲載されていることが明らかになると、書店から読者まで、注目度は急上昇。その勢いは発売後も衰えず、早くも1万部の増刷が決定しました。

太田光さんの“参加”は、編著者・氏田雄介さんが、学生時代から太田さんの大ファンだったことがきっかけで実現しました。たった54字で完結するストーリー創作に取り組んだ太田光さんが、『54字の物語 参』に寄せた推薦文は、当然「54字ぴったり」です。
【太田光さんの推薦文】
あの短編の名人、星新一先生が天国でこの本を読んだら、こう言って笑うかもしれない。「私は書きすぎだったかな?」


■ 「令和最初」となる文学賞を開催!
シリーズ第3弾の刊行を記念して、「第4回 54字の文学賞」を2019年6月30日まで開催中です。Twitterと郵送で応募ができるのは前回と同様ですが、今回は初めて「動物」というお題が設定されました。Twitter上では、『54字の物語 参』の発売前から「#54字の物語 #勝手に参発売応援キャンペーン」というタグまで出来るほどの盛り上がりをみせていたこともあり、ゴールデンウィークの間にTwitterと郵送あわせて2,000作を超える応募がありました。6月末の締め切りまで、応募数はさらに伸びそうな勢いです。「令和最初」となる、この文学賞の優秀作は7月中旬、作者名とともにPHP研究所のホームページ上で発表いたします。
【「第4回 54字の文学賞」概要】
https://www.php.co.jp/news/2019/04/54bungaku4.php

7月には、はやくも第4弾の発売が決定しています。河合塾の人気講師・西村創さんを解説者に迎え、日本史上、特に重要な文化や人物、事件を盛り込んだ「歴史が学べる」内容は、夏休みの読み物としてもおすすめです。『54字の物語』は、令和の時代とともに、これからも進化と変化を続けます。


■ 『54字の物語参』参考資料
■編著者について
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/183479/img_183479_2.jpg
氏田雄介(うじた ゆうすけ)
1989(平成元)年、愛知県生まれ。早稲田大学を卒業後、面白法人カヤックに入社。インターネット、SNSを主戦場にした広告やコンテンツの企画・制作を手がける。2018年、株式会社考え中を設立し、企画作家として独立。著書は、ごく当たり前のことを詩的な文体でつづった『あたりまえポエム 君の前で息を止めると呼吸ができなくなってしまうよ』(講談社)や、1話が54文字の超短編集『意味がわかるとゾクゾクする超短編小説 54字の物語』(PHP研究所)など。「ツッコミかるた」や「ブレストカード」など、ゲームの企画・イラストも手がけている。コンテンツスタジオCHOCOLATE Inc.所属。

■書誌情報
タイトル: 54字の物語 参
(ヘッドタイトル:みんなでつくる 意味がわかるとゾクゾクする超短編小説)
編著者:氏田雄介
絵:武田侑大
定価:1,000円(税別)
仕様:四六判並製/192ページ
発行:PHP研究所
発売日:2019年4月25日

【「54字の物語」シリーズ 特設ページ】
https://www.php.co.jp/54ji/

以上


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

「発売」をもっと詳しく

「発売」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ