投票で発売決まるスニーカー

5月9日(水)15時15分 J-CASTニュース

「ミドルカットタイプ」VS「ベルクロタイプ」

写真を拡大

   モンドデザインは、日本初となる靴のアッパー部分全面に「使用済みタイヤチューブ」を再利用したスニーカーシリーズ「SEAL」ブランドから、Facebook(フェイスブック)と連動したユーザー投票により、投票数の多い製品を製品化するというユーザー参加型の新作スニーカーを2012年8月上旬に発売する。販売価格は未定。



水に強く過酷な環境に耐える

   投票にかけられるのは、ハーフパンツやジーンズスタイルにぴったりの「スニーカー ミドルカットタイプ」と、自転車乗りにピッタリな、ひも無しの「スニーカー ベルクロタイプ」の2製品だ。どちらも広島のスニーカーブランド「スピングルムーヴ」とのコラボレーションモデルで、大型トラック用の「使用済みタイヤチューブ」を粉砕などの特殊な加工はせず、素材本来の特徴である弾力性、耐久性や防水性、素材感を生かしながら全面にリユースしている。製造工程には、日本の昔からの技術であるバルカナイズ製法を採用し、国内職人の手により一つ一つ丁寧に制作している。


   ブランド初の取り組みとなるこのユーザー投票は、「SEAL」ホームページ内のページ(http://www.seal-brand.com/vote/)で行われ、投票数の多いモデルが製品化される。投票は、2012年5月下旬まで。<モノウォッチ>

J-CASTニュース

「投票」をもっと詳しく

「投票」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ