注文には「ちょりざーす!」 会いにいける「ギャル」カフェ

5月9日(水)18時10分 J-CASTニュース

10sion(スクリーンショット)

写真を拡大

   GALT POP(東京・渋谷区)は、ギャルカフェ「10sion(テンション)」を2012年5月10日、渋谷センター街にオープンする。



ギャルメイク体験やスタイリングも


   スタッフが全員ギャルで、食事をしながら今の流行やおすすめスポット等ギャルのリアルな情報をえられるカフェだ。


   敬語は禁止など、「お客様」というよりは「友達」感覚の接客が特徴で、注文に対しては「チョリース」(わかりました)と「あざーす」(ありがとうございます)が融合して生まれた「ちょりざーす!」というかけ声があがるという。


   メニューのほうも、レシピ自体は一般的なものながら、ヤキソバが「ガングロイケ麺」(1200円)やわんこそばが「ハチ公ソバ」(3000円)となっているなど、ギャルらしいウィットにとんだネーミングが多い。


   飲食だけでなく、ギャルにあこがれる人のためにギャルメイク体験やスタイリングなどのサービスも提供する。


   営業時間は12時から24時まで(L.O.23時)となっている。


   今後、渋谷センター街の新しい観光スポットとして、一般の人が秋葉原へメイドさんに会いにいったり、京都へ舞妓さんに会いにいったりするような感覚で、「渋谷へギャルに会いにいく」のを楽しむようになることを目指す。<モノウォッチ>

J-CASTニュース

ギャルをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ