「本物」のマンションを買いたい そのために必要なのは「真実」を知ること

5月10日(火)12時2分 J-CASTニュース

『売り手の意図を賢く見抜く 本物マンション購入計画』

写真を拡大

   幻冬舎は2011年3月23日、新刊本『売り手の意図を賢く見抜く 本物マンション購入計画』を発売した。現役のディベロッパーである鈴木雄二氏(リブラン代表取締役)が、これからマンションを購入しようと考えている人々が知っておいて損はない数々の重要ポイントを明かしている。



   新築マンションの広告表現はスマートでインパクトのあるものだが、その「裏」には、また違う「真実」が隠されているケースが多いという。「眺めが素晴らしい高層階」「木目が美しいフローリング」「大手の施工」といったものが好例だ。また、ビルトインタイプの食器洗浄機は便利だが、壊れた場合の交換コストが高くついたり、浴室換気乾燥機にしても、梅雨時以外はほとんど使用しなかったりと、設備の充実は必ずしも歓迎されるものではないと説いている。


   「あなたが今購入しようとしている住まいに本書で述べた配慮があるかどうか、購入時にはまず、それを検討してください」と鈴木氏は記す。


   単行本(ソフトカバー)、189ページ。定価1260円。<モノウォッチ>

J-CASTニュース

マンションをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ