ゆるやかな間仕切りこそが「家族の絆」の立役者?

5月10日(木)19時44分 J-CASTニュース

格子やパネルで空間を仕切る

写真を拡大

   三協立山アルミは、光や風を取り入れながら、空間をゆるやかに仕切ることができるインテリア固定間仕切「スクリーンU」を、2012年5月11日に発売する。



   ひとつの空間を完全に分離させずに、格子やパネルでゆるやかに仕切ることで、空間につながりをもたせて、いつでも家族の気配を感じられるスペースをつくる。


   伸びやかな縦ラインが表情豊かな空間を演出する「格子タイプ」(3種類)や、優しいシルエットで家族の気配を伝える「パネルタイプ」(ナチュラルで明るいクリアマットと、シックで落ち着きのあるグレースモーク調の2色)と、格子タイプとパネルタイプの心地良さを融合させた「格子・パネル連結タイプ」の3つのバリエーションから選べる。


   ノックダウン(現場組立)仕様で自在なアレンジが可能なほか、天井部は取り付けねじが表面に出ないすっきりとした外観で、床部は下桟がないため掃除しやすく、美しく納まり、リビングやダイニング、キッチン、玄関などさまざまなシーンで活用できる。


   写真は、格子・パネル連結タイプで、サイズは間口1850ミリメートル×高さ2450ミリメートル。価格は26万3000円(消費税、搬入・組立・工事費は別途)。<モノウォッチ>

J-CASTニュース

家族をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ