青汁の「味の違い」わかりますか? 初の「マイスター」資格試験を実施

5月10日(木)16時48分 J-CASTニュース

青汁テイスティングに自信がある方は挑戦してみては

写真を拡大

   「苦い」「飲みにくい」というイメージで知られてきた「青汁」だが、近年では栄養を手軽に取れる健康食品として定着し、原料となる野菜のバリエーションも増えて味の多様化も進んでいる。



   そんな青汁を通じて人々に野菜の大切さ、健康の重要さを知らしめる「日本初の青汁のスペシャリスト」として、新資格「青汁マイスター」が設けられることになった。さらに「テイスティング」で優秀な成績を残した人には、「青汁ソムリエ」の称号も贈られるという。


テイスティング満点で「青汁ソムリエ」

   「青汁マイスター」となるためには、青汁マイスター資格制度運営委員会が実施する講座と試験に参加することが必要だ。講座では現代の食生活の問題点に始まり、半世紀にわたる青汁の歴史や種類、効能、さらには青汁を使った料理レシピなど、健康に役立つ知識を幅広くレクチャーする。講座終了後のペーパー試験で6〜7割の正解率をマークすることが、資格取得の条件だ。さらに「青汁ソムリエ」の称号を獲得するには、同時に行われるテイスティング試験で全問正解することが求められる。


ウェブ上で申し込み受付中

   第1回となる講座・試験は東京・NBF日比谷ビルで6月23日に、大阪・野村コンファレンスプラザ大阪御堂筋で30日にそれぞれ実施される。受講料は3000円で、ウェブ上で6月17日まで申し込みを受け付けている。URLは、http://aojiru-meister.jp/<モノウォッチ>

J-CASTニュース

資格試験をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ