【スイスホテル南海大阪】音楽と共にミシュランシェフの料理を堪能

5月10日(金)17時40分 PR TIMES

スイスホテル南海大阪(大阪市中央区)は、「イタリア文化会館-大阪」(大阪市北区)主催の大阪・ミラノ文化交流推進プロジェクト「ミラノ ジーニアス2019」の枠組みの中で、ASG東洋学協会(ミラノ市)の特別協力のもと、ロンバルディア州の味と音楽を堪能するディナーイベント「Nights called Milanナイツ・コールド・ミラン」を、36階のレストラン「タボラ36」にて実施致します。(https://bit.ly/2VVVHL6)

[画像: https://prtimes.jp/i/21966/98/resize/d21966-98-353672-0.jpg ]

「イタリア文化会館-大阪」の所在地である大阪市と、その姉妹都市であるミラノ市のさらなる交流を図るため開催されている「ミラノ ジーニアス2019(文化・芸術・イノヴェーション)」のプログラム「Nights called Milanナイツ・コールド・ミラン」のディナー会場として「タボラ36」が選ばれました。
メニューはミシュランの星付きシェフであるエロス・ピッコによるもので、イタリアの天才シェフの芸術作品といえるような革新的で魅力的な料理を、ロンバルディア州ならではの食材を使ってご提供いたします。また、大阪初登場の、アルベルト・マンチーニ(ピアノ)とミケ-レ・ゴルレーロ(ヴォーカル)が、ミラノとロンバルディア州に縁のあるシンガーソングライターの曲を紹介するコンサートもお楽しみください。

「Nights called Milanナイツ・コールド・ミラン」ディナー概要

開催場所:36階「タボラ36」
開催日時:VIPガラディナー 5月15日(水)  18:30~
ご予約電話番号:06-6646-5125
▶6コースメニューとロンバルディアワインのペアリング29,000円(税サ込)
≪メニュー一例≫
イタリアンスタイルフライドレイクフィッシュ・そば粉パンケーキ・赤ワイン風味のうなぎ
鱒のカルピオーネ・牛フィレ肉のエクストラヴァージンオリーブオイル煮 など
※5月17日(金)・18日(土) 18:00~はテーマナイトを開催致します。

【プロフィール】
◆エロス・ピッコ Eros Picco
ミラノの名門ホテル学校カルロ・ポルタを修了後、北イタリア各地の星付きレストランで経験を積み、渡仏。フランス各地の三ツ星レストランで研鑽を重ねた後、1998年ミラノに自身のレストランを開店。2008年にミシュランの一ツ星を獲得、その後アメリカ合衆国、日本、中国など世界各地の一流ホテル、レストランでガラディナーを開催する。2017年、食文化コンサルタントへ転身し、「iFOODQ」を創立。現在はイタリアの食材とその新しい可能性を広めるべく、世界各地でイタリア料理イベントを主催するほか、新規レストランのコンサルティング業務など活動の幅を広げている。

◆アルベルト・マンチーニ Alberto Mancini
作曲家・パフォーマー・音楽教師。ミラノに生まれ、クラシックピアノを学んだ後“ピアノジャズ”を卒業する。2016年に若い作曲家に向けた名誉ある賞「U.N.C.L.A」を受賞する。現在は、ビッグバンド「Deaf Kaki Chumpy」をコーディネイトするほか、ミラノ市のミラノ音楽学校にて教師を務める。

◆ミケーレ・ゴルレーロ Michele Gorlero
歌手としてはミラノのルカ・ジュルマン声楽学校を卒業。役者としてはミラノアルセナーレ劇場学校を卒業し、井田邦明の元で学ぶ。また、アクロバットを極めるためローマのサーカス専門学校へ入学。
MTVミュージックアワーズの期間中、エリー・ゴールディングの合唱団で働く。2017年には、マルタで開催されたジャズシーズンのレジデントシンガーに選ばれ、2018年にはパオロ・カッチャート演出の「風姿花伝」にてテアトロ ヌード テレーザポモドーロ賞を受賞し、現在はスカラ座にて俳優として働いている。

【会社概要】
スイスホテル南海大阪
〒542-0076 大阪市中央区難波5-1-60
Tel: 06-6646-1111 Fax: 06-6648-0331
Email: osaka@swissotel.com

PR TIMES

「料理」をもっと詳しく

「料理」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ