元手タダ“家ゴミ→お宝化”計画(29)未使用の去年の手帳を買う人って?

5月11日(土)10時0分 アサ芸Biz

 以前、この頁で“使用済みの手帳”が売れることを紹介した。収集家にとって、他人の手帳にある書き込みは、金を払ってでも読みたいものらしい。だが、その収集家に売っても、いいところで1000円。今回はそれ以上に高値で取引される中古手帳市場を発見した。中古とはいえ未使用のものに限るが、ゴミ同然の去年の手帳がカネに変わるのだ。

 ネット通販「アマゾン」のマーケットプレイスには多様な出品者がいる。その中に、去年の手帳を販売している業者が複数いる。

 例えば、新品として1480円で販売される19年版手帳の、昨年版で未使用中古が5280円。なんと3倍強の価格で売られているではないか。誰が欲しがっているのか。

「手帳好きには、昨年の手帳の中身を他の手帳に書き写したくなる人がいるんです。つまり、今年から新しいメーカーの手帳を使用したところ、これが使い勝手が抜群だった。ならば、昨年のも同じ手帳にしたい。いや、一昨年のも‥‥となって、手帳の内容も手書きでしっかり書き写して、残しておきたくなるんです」

 そんなアホな。だが、文具マニアの編集部員Iの目は本気。こう続ける。

「他に考えられるのは過去を書き換えたい人ですね。裁判の証拠を捏造したい、もしくは浮気がバレないうちに‥‥とかですね」

 意外な需要はあるものだが、来年の需要に備えて買い置きするのもありかも‥‥。

アサ芸Biz

「手帳」をもっと詳しく

「手帳」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ