走行中のEV・FCVが排出するCO2を実質ゼロに!脱炭素時代の新しいツーリズム「ゼロ旅」サービス開始

5月11日(火)11時0分 @Press

このたび、株式会社電力シェアリング(以下、電力シェアリング)は、ブロックチェーン技術を活用し、旅行中に利用する電気自動車(以下 EV)/燃料電池自動車(以下 FCV)が排出するCO2を実質ゼロにする「ゼロ旅」サービスを開始したことをお知らせします。これは、遠隔地で太陽光発電から創出される環境価値を、走行するEVとFCVにリアルタイムに割り当てるものです。


■「ゼロ旅」サービスとは
本サービスは、電力シェアリングが環境省から受託している「ブロックチェーン技術を活用した再エネCO2排出削減価値創出モデル事業(ブロックチェーン事業)」および「低炭素型の行動変容を促す情報発信(ナッジ)等による家庭等の自発的対策推進事業」の一環として、同事業の成果の社会実装・商用利用に向けて実施するものです。

また、同ブロックチェーン事業は、国家の成長戦略である「未来投資戦略2018」及び「成長戦略フォローアップ」に位置付けられており、これの具体化に貢献するものです。

2021年3月には、FCVを活用した神奈川県横浜市〜箱根町間往復200kmの走行で14kgのCO2排出削減を確認しました。FCVのリアルタイム走行計測にはZenmov株式会社が提供するSMOC(Smart Mobility Operation Cloud)を活用しています。下記画像は、本実証実験の様子です。また、車両の走行時だけでなく、車両の生産時・解体時も含めたライフサイクルすべてのCO2排出を実質ゼロにする手法も導入しております。

電力シェアリングは、この走行時完全ゼロエミッションの仕組みを活用して、旅行の全てをゼロエミッションにする「ゼロ旅」を推進して参ります。脱炭素時代における新たなツーリズムの普及に向け、今後広く様々なパートナーと様々な商品を企画します。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/258108/LL_img_258108_1.jpg
実際の旅画像

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/258108/LL_img_258108_2.png
スマホのアプリ画面〜再エネ価値取引

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/258108/LL_img_258108_3.png
スマホのアプリ画面〜FCV走行計測アプリ

■電力シェアリング 会社概要
(1)商号 :株式会社電力シェアリング
( https://www.d-sharing.jp/ )
(2)代表者 :代表取締役社長 酒井 直樹
(3)本店所在地 :東京都品川区西五反田2-14-13 NICハイム五反田2階
(4)設立 :2017年6月
(5)主な取引先 :環境省・明電舎・東京電力・アジア開発銀行
(6)資本金 :1,000万円


■Zenmov株式会社 会社概要
(1)商号 :Zenmov株式会社
( https://www.zenmov.com/ )
(2)代表者 :代表取締役 田中 清生
(3)本店所在地 :東京都港区港南1-9-36 アレア品川13階 801号室
(4)設立 :2019年9月
(5)主要株主 :田中 清生、株式会社ブロードリーフ(東証一部3673)
(6)資本金 :101,975千円(資本準備金含む)


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

「FCV」をもっと詳しく

「FCV」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ