未来のメダリストになれ! マクドナルドが「北京」に続きロンドン五輪にも子どもたち派遣

5月11日(金)12時28分 J-CASTニュース

「世界」への夢をふくらませてほしい

写真を拡大

   幼いころ見たあの試合に憧れて——多くの一流アスリートがこんな思い出を語る。特に、実際にその目で大舞台を見た記憶は、格別のものとして心に刻み込まれることだろう。



   日本マクドナルドでは現在、2012年7月27日に開幕するロンドンオリンピックに派遣する子どもたち「マクドナルド チャンピオンキッズ」5人を募集している。前回の北京五輪に次ぐ企画で、スポーツで世界を舞台に活躍することを夢見る将来有望な子どもたちにかけがえのない体験をプレゼントする。


子どもたちの世界を広げる

   参加者は、注目の女子サッカー決勝戦など世界最高峰の競技の観戦のほか、選手村や競技場のバックスペースなど関係者しか入れない場所を見学できる。またロンドン近郊の名所観光や、世界34か国以上から派遣された各国の「チャンピオンキッズ」との交流など、スポーツに限らず子どもたちの世界が広がるプログラムが計画されている。


   対象は日本在住の小学1年生〜6年生の少年少女とその保護者5組10人で、日程は8月9日〜13日の3泊5日。応募はウェブサイト・モバイルサイトのほか郵送でも受け付けており、「今がんばっているスポーツと将来の夢について」というテーマの作文やPR文などが必要となる。


   締め切りは5月27日。でっかい夢がある子どもたちにはまたとないチャンスだ。<モノウォッチ>

J-CASTニュース

子どもをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ