「写真から聖灰」「死者を蘇生」どれもすごいけどほんとなの!? 聖者サイ・ババの信じがたい伝説5選

5月12日(火)19時30分 マイナビスチューデント

「写真から聖灰」「死者を蘇生」どれもすごいけどほんとなの!? 聖者サイ・ババの信じがたい伝説5選

写真を拡大

山盛りのアフロヘアがトレードマークの聖者といえば、サティヤ・サイ・ババ氏、通称「サイ・ババ」さんです。サイ・ババ師は超常能力を持つ人として日本でも有名でした。残念ながら2011年に亡くなってしまいましたが、今回は彼が残したすごい伝説をご紹介します。

『と学会』の運営委員にして、日本最強のデバンカー・皆神龍太郎先生に伝説の解説をお願いしました。

■聖なる灰を空中から取り出す!
サイ・ババ師はインドの聖者として国内外で有名でした。彼の超常能力として有名なのが、ヴィブーティー(聖灰)を出現させる奇跡です。「ヴィブーティー」とは、牛のフンの聖なる灰のことだそうです。

——すごいですね。

皆神先生 これについては「手品」じゃないのかという疑惑があります。

■写真からも聖なる灰が!
サイ・ババ師が自ら聖灰を出現させるだけでなく、サイ・ババ師の写真から聖灰が物質化し出現した! という話まであるのです。チリ、そして日本でもその現象が確認されたというから驚きです。

——写真から聖灰が出るんですか!?

皆神先生 日本のテレビ局が調べたところ、その聖灰の成分は「消石灰」と「ドロマイト」でした。消石灰は酸化カルシウムに水が反応してできます。つまり、写真の上に少量の酸化カルシウムが付着していたら、空気中の水分と反応してその体積は1.3倍に膨らみます。そのため、写真の上に粉末が出現しても不思議はないのです。

■自らの転生を予言!
サイ・ババ師は、亡くなる前に自らの転生を予言していました。「2020年に死に、2023年に三度目の転生を果たす」としたのです。

——この予言は当たったのでしょうか。

皆神先生 いいえ(笑)。サイ・ババ師が亡くなったのは上記のとおり「2011年」でこの予言は当たりませんでした。

■死人が生き返った!?
1971年のクリスマスに南インドのマドラス(現・チェンナイ)で、地元の医師二人に死亡宣告されたアメリカ人をよみがえらせたという話があります。

——死人まで生き返らせちゃうんですね。

皆神先生 本当ならすごいのですが......。インドの懐疑論者が調べたところ、よみがえったとされた人は「死亡宣告などされていませんでした」。つまり、死んでないのでよみがえってなどいなかったのです。

■日本のセイコー本社へテレポートした!?
サイ・ババ師にまつわる伝説で最も驚くのはこのエピソードでしょう。インドを旅行していたセイコー社の社員がサイ・ババ師に会いました。その際、サイ・ババ師は、この社員が日本の会社の金庫に仕舞っておいた「開発中の時計」を取り出して見せたというのです!

後で日本に帰って調べてみると、確かに金庫の中から時計はなくなっており、秘書は「髪がモジャモジャした神々しい人」を見たと語った......。

——日本に関係のある話ですね。テレポーテーションですか?

皆神先生 この話の真偽を、セイコー社の当時の社長だった服部正次さんに直接確かめた人がいます。その結果は「サイ・ババ師に会った社員などいない」というものでした。残念ながらこのエピソードはうそだったわけです。

いかがでしたか? サイ・ババ師は生前多くの善行を積んだ人として知られていますが、どうもその超常能力については......怪しいかもしれない......と言わざるを得ないかも......ではないでしょうか。

サイ・ババ師について詳細を知りたい人は以下の本をぜひお読みください。
⇒『謎解き超常現象III』ASIOS著/彩図社刊
http://u111u.info/jXNF

*......デバンカーとは、オカルト・超常現象を懐疑的に捉え、科学的に検証を行う人のことです。

(高橋モータース@dcp)

忘れられない! 今でも覚えているインパクトたっぷりの懐かしいCM「UFO仮面ヤキソバン」「オーモーレツ!」

マイナビスチューデント

「蘇生」をもっと詳しく

「蘇生」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ