利用者の権利消滅した貯金・保険607億円 国庫納付求める

5月12日(土)14時46分 J-CASTニュース

   払い戻しを受ける権利がなくなった定額郵便貯金や、満期後に受取人が現れずに時効を迎えた簡易生命保険金が、約771億円に上ることが、2012年5月11日、会計検査院の調べで分かった。





   会計検査院は、総務省に対し経費などを差し引いた607億円を速やかに国庫納付すべきだと指摘した。

J-CASTニュース

「保険」をもっと詳しく

「保険」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ